FC2ブログ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
朝の書評事務局よりお知らせ
書評ブログなのに全然書評してないじゃん。
そもそも本あんまり読んでなくない?

実はそうなのです。
そうなのですが、そうでない部分もちょこっとあって、というのは、以前iswebでホームページを持っていて読んだ本の感想を書いていたんですが、無料iswebを楽天が買収してかき回した上に潰してしまったので膨大な感想も消滅してしまったのであった。
そこから本の感想部分をサルベージしてブログに再アップしていこうという企画です。

(本日の追加分)
ミステリの書き方
http://asanojuji.blog61.fc2.com/blog-entry-130.html
小説の方法
http://asanojuji.blog61.fc2.com/blog-entry-168.html
白昼の悪魔
http://asanojuji.blog61.fc2.com/blog-entry-138.html

この企画は引き続き暇を見てやっていきたいと思ってます。


スポンサーサイト
未分類 | 【2011-05-13(Fri) 21:37:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
インテル、コワレテル
http://www.intel.co.jp/jp/tomorrow/#/book/profile?writer=491566


落丁部分について
送信日時: 2010年6月16日 10:04:07
編集済み、チェック済みの第四章の大部分が公開ページに反映されていません。
なぜでしょうか?
------------------------------
送信日時: 2010年6月16日 11:49:13
asanojuji@live.jp様

お問い合わせありがとうございます。
インテル「あなたを作家にするプロジェクト」キャンペーン事務局です。

> 編集済み、チェック済みの第四章の大部分が公開ページに反映されていません。
> なぜでしょうか?
⇒改めて公開ボタンを押されたもの(追記の有無に関わらず)は
再度審査の対象になります。

現在システム内に審査前の作品として本日9:16に受け付けております。

審査・公開のスケジュールですが、現在2つの段階を踏んでおります。
1段階は公開ボタンを押した後に審査があり
(目次に紫色の「チェック中」というアイコンがつきます)、
現在非常に多くの応募をいただいておりますため
土日祝日を除く平日で1日半程かかっております。

土・日曜にご投稿いただいたものは
全体の投稿いただいた量にも寄りますが火曜から水曜の夕方くらいには
公開させていただけるかと思います。

第2段階は審査が通ったものはシステムで全て表示されることになっています。
(目次に青色の「公開済み」というアイコンがつきます)

写真と文章は別々で審査・公開をしております。

また現在、古い作品から順に公開をしております。
仮に審査に入ったものが途中で作品の編集・公開ボタン押されますと
その都度、最後尾に入ってしまい審査が遅くなってしまうことが考えられます。

ご不便・ご迷惑お掛けして申し訳ございませんが
何卒よろしくお願いします。

------------------------------
RE: お問い合わせありがとうございます。
送信日時: 2010年6月17日 0:39:22
いや、まったく違います。
今朝、大幅な落丁に気づいた後で、念のためその章を再度公開したのであって、
新しく追加した部分がまだ反映されていないということではありません。
すでに完成していた作品を、章ごとにコピー&ペーストでアップしたので、
最初に投稿した時点ですべてアップ済みです。
その後は、いくつかの誤字脱字を訂正したのみです。
しかるに、編集画面では、全306ページなのに、
公開された状態で閲覧すると、全272ページとなっています。
内容的にはまったく子供向けのもので、検閲対象になるような部分はありません。
もう少しまじめに回答願います。

------------------------------
送信日時: 2010年6月17日 18:35:09
asanojuji@live.jp様

この度はご不便・ご迷惑お掛けしてしまい申し訳ございません。
インテル「あなたを作家にするプロジェクト」キャンペーン事務局です。

ご説明が足らず申し訳ございませんでした。

先程、4章を再度公開させていただきましたのでご確認ください。

編集後に公開(更新)される手順ですが、
ユーザー様が公開ボタンを押された後
全ての作品を一度事務局側で人的に目視でチェックをし公開をしております。

そのため公開の順序が多少前後してしまう場合がございますので
何卒ご了承くださいませ。

一度公開されているものに追記をされた場合でも
再度追加されたものをチェックさせていただいております。

何卒よろしくお願いします。

------------------------------
RE: ご不便・ご迷惑お掛して申し訳ございません。
送信日時: 2010年6月21日 13:58:31
編集画面では保存され、公開済みのマークもついているのに閲覧画面では落丁している箇所

「蟻の惑星」第三章の末尾
編集画面
http://www.intel.co.jp/jp/tomorrow/#/book/edit?isbn=5784838728838&chapter=3
閲覧画面
http://www.intel.co.jp/jp/tomorrow/#/book/read?isbn=5784838728838&chapter=3

「人的に目視でチェックをし公開」してください。
------------------------------
送信日時: 2010年6月22日 12:07:20
asanojuji@live.jp様

ご不便・ご迷惑お掛けして申し訳ございません。
インテル「あなたを作家にするプロジェクト」キャンペーン事務局です。

目視で確認させていただきました。
事務局側でユーザー様の編集画面を編集することはできないため
お手数お掛け致しますが改めて「蟻の惑星」第三章の公開ボタンを
押していただけますでしょうか。

公開ボタンを押していただけましたら改めて公開作業をさせていただきます。

何卒よろしくお願いします。
------------------------------
RE: お問い合わせありがとうございます。
送信日時: 2010年6月22日 13:17:07
お世話様です。
前回申し上げたとおり、すでに完成した作品をコピペして公開したので、
チェックのタイミングがどうこうということではないです。
第四章、第三章とも、末尾部分が閲覧画面でのみ落丁していたので、
なんらかのバグなりミスがあったのではないか思いますが、
そのあたり調査されたほうがよいのではないでしょうか。

------------------------------
------------------------------

7/3現在、インテルから返信なし。
朝野は完成している作品を全頁一括してコピペしてアップし、公開したのをはっきり覚えてるし、編集画面にはちゃんとアップされているので、送信時には問題なく、その後、インテルが閲覧承認したときに、第三章と第四章の末尾が落丁したことは明らかだと思う。それってかなり重篤なバグだと思うんだけど。
第四章の落丁に偶然気づいたあと、再度全頁を時間かけて確認したら、第三章も末尾が落丁していることにきづいたので再メールしたんだけど。
でもカスタマー対応している人にしてみれば、編集画面から複数回公開ボタンを押せるのだし、それを順に審査しているのだから、公開ボタンを押したあとで編集画面に追加書き込みしたのだろう、だからもう一度公開ボタンを押してください、とだけ思ってそう言っているんだろうな。
そしてまあ、普通にあることだと思うけど、ソフトを開発した部署とカスタマー対応の部署の間ではまったく連絡とか断絶してるんだろう。妙にどでかい専用アプリを開発して、実はバグってるけど利用者からの声は届いてないというよくある話なんだろうなー。


未分類 | 【2010-07-03(Sat) 02:35:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
蟻の惑星 一挙公開
書評じゃなくてすいません。
もう何年も前のことだけど、とても楽しんで書いた長編サイファイです。
そのころを思い出して、全公開することにしました。
何度かリライトして、毎度長くなって、400字詰原稿用紙換算355枚です。

《内容紹介》
西暦2260年、大地震と気候変動によって日本列島の大半は沈没し、人口はわずか1千万人、すっかり 衰退して久しかった。
東野トーコ(17歳)は、女子高卒業後も就職がままならず、家は貧乏で生活保護を受けていた。
トーコは、辺境の植民惑星、通称・蟻の惑星での求人情報をネットで目にし、経済的成功を夢見て、母親の強い反対を押し切り家出同然に蟻の惑星に旅立った――。

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=62314


未分類 | 【2010-03-30(Tue) 22:57:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
新連載開始!
おかげさまで「赤熱の夢魔」連載完結しました。
続いて、同系統のサイファイホラー第二弾、「花の卵」連載開始です。
http://novel.fc2.com/novel.php?mode=ttl&uid=2860462

未分類 | 【2009-11-27(Fri) 03:35:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大ヒット作を密かに腐してみる ~ Wanted ウォンテッド
ウォンテッド リミテッド・バージョン [DVD]ウォンテッド リミテッド・バージョン [DVD]
(2009/02/25)
ジェームズ・マカヴォイアンジェリーナ・ジョリー

商品詳細を見る

ちょっとプロットをこねくりまわしすぎてやしませんか?

出だし、誰もが思うのがマトリックスとの類似。なんでも原作者がマトリックスの影響を受けたと言ってるそうです。マトリックスでは、ひねった意外な真相にたどり着くまで三作かけましたが、ウォンテッドは冒頭の設定を一時間ぐらいであっさり覆します。

意外性を出すことは大事です。悪人だと思ってたら案外いい人だった、これが正義だと思ってたら実はそうではないかもしれないと気付いた、などなど、そのような意外性の出し方はよくあることだし、たいてい、ワサビのように効いておもしろく感じるものです。

しかし、二時間弱の一本の映画の中で世界観をコロコロ裏返すのはどうかと思います。たとえば、マトリックスでは、三部作のラストで、今までネオがやってきたことはコンピュータの計算の範囲内のことだったという別の世界観が提示されます。そうすると、エンターテインメントとしてはちょっと難解になってしまうんですね。でもそれはさんざん引き延ばして三部作の一番最後に出てくるからまあ許されるのであって、あるいは、長丁場の連続テレビドラマであれば、ストーリーは二転三転し続けても、次第に主要登場人物への親しみが熟成されて見続けることもできるでしょうが、いかんせん、一本の映画の中で、登場人物にさして共感する暇もなく基本設定が二転三転すると、ついていけない感じがしてきます。

たとえば、アンジェリーナ・ジョリー演じる女スナイパーは、結局、どのような信念に基づいて行動していたのでしょうか。どのような内面の変化があり、あのような結末に至り、それはどのようなテーマ性を持つのでしょうか。私には正直よくわかりませんでした。行き当たりばったりで、こっちのほうが意外性あるかなー。よし、じゃーここでXXしちゃおう、みんなびっくりしたでしょ? みたいなノリにしか見えませんでした。

これが正義だと思ってたら違った、じゃあ正義ってなんだろう、わからなくなった……というふうな青臭い葛藤自体には、別段、新鮮味はないわけです。それならいっそノワールでやればいいと思うのですが(続編ではそうなるのかもしれませんが)、冒頭をマトリックスのオマージュから始めたために、平凡なサラリーマンはつまらないの裏は、平凡なサラリーマンにこそ意味があるとなり、正義のための殺し屋になるの裏は、これが正義だろうか……となり、裏も表も実はありきたりなんですね。意外性を出すつもりで何度ひっくり返してみても、ひとつの世界観の中での観念のこねくりまわしで終わってしまってるようです。

エンタメって、難しいですね。

未分類 | 【2008-09-21(Sun) 22:43:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
お知らせ
こんにちは。
よそのブログからfc2に引っ越してきました。
これより以前の記事は自動インポートしたもので、カテゴリや表示に一部不具合があるかもしれません。

未分類 | 【2008-05-04(Sun) 15:42:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
FREE TIBET フリーチベット!

10054208163.gif

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.tibethouse.jp/





未分類 | 【2008-03-19(Wed) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
AA716,juji
どんどん、にゃー!

未分類 | 【2005-01-30(Sun) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
はじめに
自分自身の読書のモチベーションを高めるために、読んだ本のメモを日記風に書いていきたいと思います。当面は、過去にすでに読んだ本の紹介も交えて、週1回以上の更新を目指します。普段あまり本を読まないのですが、これを機にがんばりたい。ダメならブログ削除して消えます。最初から弱気。まあ、あんまりがんばると続かないので、やっぱりがんばると言ったのは取消して、ぼちぼちやっていこうかな。

未分類 | 【2005-01-23(Sun) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。