FC2ブログ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
自炊代行を合法化せよ!東野圭吾先生も納得の新提案


以前に自炊代行が違法との判決をニュースで目にして、あまりに浮世離れした裁判官の判断に失笑した。法律を額面通り読んでそんな結論になるなら、法律のほうが時代に合わなくなっているのだ。

なるほど、麻薬は違法だから、麻薬の売人も違法だ。麻薬を使う人間のために麻薬の入手を代行しただけであり主体は麻薬に手を出した者のほうだ、とはならない。ただし例外として、終末医療などのために医者が麻薬を処方する場合がありこれは合法。

おそらくそれと同じ論法で、コピーは違法だからコピーの代行も違法で、その場合の主体は代行業者だということだろう。私的複製は原則禁止の例外にすぎない。

しかし今の法律だと、よく言われることだが、社長が秘書にコピーを頼むことさえ違法となる。グーグルキャッシュも違法。不便この上ない。明らかに法律が時代にあってないのだ。パブリックドメインなコピーはすべて認められるべきだ。

提案だが、コピーを原則合法とし、作者の権利を侵害する場合は違法、とすればよい。多くの場合、作者の許諾のないコピーは作者の権利を侵害するだろう。だからそれは違法であり、今までと同じように作者の権利を守ることができる。

酒の販売は合法だが例外として未成年の飲酒は禁止。それと同じことだ。それでなんの問題もないではないか。

あるいはジャスラック。ジャスラックに委託された音楽の演奏や放送は原則禁止されてない。音楽は小説に比べてずっと早くから電化されており、そうでなければ現実にやってられないからそうしているわけだろう。

本来は法律でコピーを原則合法化すべきだと思うが、それを待たずとも、ジャスラックの書籍版を作って、有名作家は全員そこに委託してもらいたい。

東野先生、お願いします。







スポンサーサイト
時事/ブログ観察 | 【2015-06-26(Fri) 07:26:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【大予言!!】森本教授の変幻【沖縄辺野古問題はこうなる!】
森本敏氏:それはこういうことなんですよ。沖縄にある海兵隊、定数19000、実際には16800くらい、そのうち10000を残して、4000をハワイに。それから5000くらいをグアムに。グアムに4000くらい、あとは、ハワイに移すんですけども、その基本的なのは、今の国際情勢、あるところにまとめてひとつの部隊を全部置いておくのではなくて、できるだけ前方に出てくる部隊に、短期間で柔軟に対応できるように、リバランスっていう概念でまとめられているけれども、本当にアメリカの本土から見たら、奥の院はハワイからコントロールしながら全部を、日本本土と沖縄とそれからグアムとオーストラリアの北部という、順繰りにおいて、南シナ海、東シナ海にいつでも対応できるようにするという態勢を取ろうとして、部隊を動かそうとしているわけです。それで、沖縄にないといけないかというと、沖縄にあったほうが最も効率的なんです。でもさっきおっしゃったように、3艇の揚陸艦は佐世保にあり、佐世保で降りてきてそこに乗っていくわけですから、実際には日本の九州の西の半分くらいのところにあれば、抑止機能は少し減るけれどもゼロじゃあないんです。行政区域で決まってるんじゃないんで、ここが沖縄でここが鹿児島で、ここにあったら抑止力でここにあったらゼロか、そんなことはないんです。抑止力というのは、相手がいつでも出てくるという恐れを持っていることを相手に思わせて、そのような力を思わせないように相手に対して抑止をするということですから、相手との相関関係になるんです。でも、東京にあったり北海道にあったりしたらずーっと奥の方にいってしまってるから、すぐ出てこないだろうという安心感があるから、その分だけ抑止力が減るということなんです。だから繰り返しになるけれども……(沖縄にあるのは軍事的と言うよりは政治的理由だと言ってたじゃないですか、との横槍を受けて)だからそう言ってるじゃないですか、沖縄にあったほうがいいんだけれども、九州のどこかにあったら抑止力はちょっと落ちるけれども、それでも軍事的には成り立つと言ってるんですよ。ただ、持って行くときに徳之島でどうして反対したかというと、みんな新聞に書いて反対するからですよ。政治的にうまくいかないんですよ。政治的にうまくいったらできたんですよ。(朝まで生テレビ 2015年5月30日(テレビ朝日)より書き起こし)


著名な軍事専門家である森本教授は、沖縄に駐留する海兵隊は、南シナ海・東シナ海における脅威に対抗しており、佐世保を母港とする揚陸艦に乗って出撃するので、沖縄から佐世保に至るルートの途中にある九州の西側であれば、そこに移転することが軍事的には可能であり、すなわち普天間の県外移設は可能だと言ってます。

けれども政治的にうまくいかなかった、みんな新聞に書いて反対した、と言います。ここでいう「新聞に書いた」とは、この直前の司会者の発言を受けています。それを次に示します。

田原総一朗氏:実はあの、矢部宏治さんというのが書いた「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」という(本)があって、ここでさっきの鳩山さんのことが書いてあるんですが……読みます。「普天間の移設問題が大詰めを迎えた。2010年4月6日、鳩山さんは外務省と防衛省、内閣官房から幹部を2人ずつ首相官邸に呼んで秘密の会合を持ち、徳之島移設案と言う最終方針を伝えた。その後、酒を酌み交わしながらこれらのメンバーで、『この案で最後まで戦っていく、つまり辺野古じゃなくて徳之島』と。で、『力を合せて目標にたどり着こう。ついてはこういう話し合いが外に漏れることが一番ダメージが大きい。とにかく情報管理だけはくれぐれも注意してくれ』と言った。『これらの行動は全て秘密裏に行ってくれ』と念を押した。ところがその翌日、なんと朝日新聞の夕刊一面にその秘密会合の内容がそのままリークされた」つまり、「我々は」、これ外務官僚が言ってるんですよ、「あなたの言うことは聞きませんよ」という意志表示を堂々とやられてしまった訳です。鳩山さんは、「首相鳩山ではない別の何かに彼らは忠誠を誓っていた」と言っている。この鳩山さんの証言が、1年後の2011年5月にウィキリークスの機密情報によって露呈する。読みます、「その内容が日本のトップクラスの外務官僚や防衛官僚がアメリカ側の交渉担当者にこう言っていることが分かった。『民主党政権の要求に対し、早期に柔軟性を見せるべきではない』(高見沢将林防衛省防衛政策局長)」、裏切ってる訳ですね。それから「『民主党の考え方は馬鹿げたもので、いずれ学ぶことになるだろう(齋木昭隆)」、なんとこれ(外務)事務次官だそうで「などと(鳩山を)批判している」(朝まで生テレビ 2015年5月30日(テレビ朝日)より書き起こし)


官僚が首相の指示に従わないどころか明確に逆らって邪魔したために、県外移設は失敗しました。もし、ウィキリークスがなかったら、彼ら国家公務員の違法行為は永遠に闇に葬られていたでしょう。

ゲームのルールが変わったのです。頭の良い人とは、ゲームのルールに習熟しそれを巧みに利用できる人のことを言うのでしょうが、だから逆にルールが劇的に変わるとき、とんでもなくバカを晒してしまうことがあります。

以前は、日米の立場は不変で、政権与党は永遠に自民党だったため、前例にないバカ殿首相が何かのはずみで間違って登場した場合は、それをなるべく急いで追い落とすことが既得権益を守り政治を安定させるために有効だったのでしょう。そうやって先輩に教えられたとおり同じ手口を使っただけなのに、彼らだけ名前をバラされてかわいそうに。そして今後も政権交代が起こりうるのであり、また民主党政権になる可能性もあるし、それ以前に、自民党が官僚のコントロールの方法を変えなければならないと気づいてしまいました。

山本一太氏:例えば今、安倍官邸すごく強いですよね。たとえば官僚の人事も、新たな役職を作って、幹部人事は官房長官が握っている。(朝まで生テレビ 2015年5月30日(テレビ朝日)より書き起こし)
官邸に嫌われたら出世できぬ…嘆き漏れる霞が関
 中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」(局長=加藤勝信官房副長官)が30日、発足から1年を迎える。
 省庁の縦割り排除や女性登用を進めるだけでなく、人事権を通じて、安倍内閣が掲げる「政治主導」を強化する役割も果たしている。(読売新聞 2015年05月30日 11時02分 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150530-OYT1T50035.html)


よく時代劇で、自分が仕える殿様を裏切って寝返った奴が、それを手柄に強大な敵方の殿様に取り入ろうとするが、結局だれからも信用されずに悲惨な最期を遂げる話がありますよね。たいていの戦記ものに出てくるし、西部劇にも出てくるし聖書にもSFにも出てくる。マトリックスのサイファーとかね。

自民党だろうと民主党だろうと、首相を裏切ったコウモリ官僚はもう使えない。これが新しいルールです。彼らの官僚としての生命は終わりました。彼らにはそんなつもりはなかったんでしょうがすべては後の祭りです。

政権交代があったのは民主党のせいではなくて、小選挙区制度のせいです。ゲームのルールが変わったんです。そして政権交代が起こりうるゲームとは、時代劇などで対立勢力がシーソーゲームを繰り返すあのおなじみの設定であって、政権交代のなかった今までの状況のほうがよほど特殊でした。

著名な評論家やジャーナリストが、小選挙区制はやめてもとに戻したほうがいい、と時折脈絡なくつぶやくのをテレビで目撃するたび、特殊な時代状況に過剰適応した生物が、環境の変化によって今までの有利さを一気に失ったかのような不安感を彼らが抱えているように私には見えるのです。ゲームのルールが変わるとき、熟練した専門家ほどかえって潮目を見誤るのです。

それで、辺野古がどうなるかって? もうどうにもならないってばよ!!

ゲームのルールが変わり、以前のルール通りの手札の切り方では今までの既得権益を守ることすらできなくなったのだから、今までの既得権益と利害調整の末に複雑かつ精緻に組み立てられた辺野古への新基地建設のプロットは、完全に破綻しご破算になりました。




時事/ブログ観察 | 【2015-06-12(Fri) 18:30:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今日のこれとこれ(備忘録)
佐々木俊尚さん(@sasakitoshinao)の8:17 午前 on 土, 5 31, 2014のツイート:
相馬郡の医師会が医療機関に調査。残る3機関でも鼻血を訴える患者はいたが、被曝との因果関係が疑われる診断結果はなかった。こういう調査で積み重ねていくのって大切だと思う。/52機関中49が鼻血増加を否定 http://t.co/bsNIUoZhT2
(https://twitter.com/sasakitoshinao/status/472517068324356096)

Tooru Ohishi
2 日前 · 一般公開で共有しました

相馬郡医師会の大石医院です。このような形でアンケートが使われるとは思いませんでした。アンケートでは鼻出血で受診した人は増えたか?という形でしたので「いいえ」と答えました。しかし「本人や子供や孫から相談は答えるのが大変な程度ありました」とコメント欄に記入しましたがものの見事に無視されました。鼻血もすぐに止まれば医療機関を受診しないでしょうし「なんか最近鼻血が出ること多いな」と思ってもまた出血しなくなったら受診しないでしょう。
それと岡山大学、広島大学、熊本学園大学が双葉町、丸森町、滋賀県長浜市木之本町で行った調査(2013年)結果はなぜ検討しないのですか?住民を直接調査した結果なので少なくとも原発事故現場かに近い双葉町、放射性プルームのせいで比較的汚染がひどかった宮城県の丸森町、コントロールとして福島から遠く離れた滋賀県の木之本町の三ケ所で(オッズ比で双葉町が3.8、丸森町が3.5)結果が出ています。
これはね風評被害という問題の他に色々な問題を含んでいるから大変なんだと思います。
鼻血にこだわれば急性放射線障害による血小板減少症としての鼻出血ととらえるから「あり得ない」となるわけです。北海道がんセンターの西尾正道名誉院長のおっしゃる吸入被爆、ホットパーティクルによるものなら岡山大学らの調査結果を説明できます。(自分が小児甲状腺癌は原発事故が原因だと思っているからでしょうか?まだまだこれから健康被害は出てくると思っているからでしょうか?)
すでにあるデータには目もくれず、アンケートと言って受診者数だけで終わらせようとしているように感じます。よほどでない限り鼻血ごときで医療機関を受診したりしません。ましてや役場になんかとどけないし健診の時には出血していないので忘れています。上手いところに目を付けたと感じるわけです。田舎の小さな内科の診療所に鼻血で受診する人なんてそうはいません。耳鼻科のある病院に行くからです。高血圧などの爺さん婆さんが診察に来て「そういえばうちの孫が最近よく鼻血を出すんだがどこか悪いのか?」(原発事故のせいか?と突っ込んでくる人は半分ぐらいマンガが出てからは少し増えた印象ですが)結果を想定したアンケートだと悪意すら感じました。
10
http://youtu.be/zkWaVcba18s


時事/ブログ観察 | 【2014-06-02(Mon) 14:01:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
美味しんぼ問題が全くナンセンスである医学的理由が全くナンセンスである論理的理由
美味しんぼ問題が全くナンセンスである医学的理由
http://togetter.com/li/667350
白血病患者さんの歯肉からの出血を見たことがありますか?実に気持ち悪いものですよ。特に出血部位があるわけではなく、歯茎全体から滲み出す様に出血します。持続的な出血で、少量ずつ常に流れ出している状態です。悪習を伴うことも多く、死の匂いを感じさせる独特の物という印象を受けます。

結論から言うと、放射能によって鼻血が出る原因を血小板の減少による凝固機能の低下のみに限定している点がナンセンス。

鼻血が出るというのはよくあることで、それにはよくあるいくつもの原因がある。たとえばちょっとしたストレスで鼻血が出ることがあるが、低線量であっても体内被曝は活性酸素を作り出し、人体にとってストレスであるから、それが原因で鼻血がでることが考えられるし、その原因は被曝である。また、高血圧でも鼻血が出やすい。そして慢性的にセシウムが体内にたまっていると直ちに癌が発生することはなくても血圧が高くなるので鼻血が出やすくなる。その原因はセシウムである。

いったい、鼻血なんぞちょっとしたことですぐ出ると言っておきながら、放射能が原因の場合に限って、急性の外部被曝による血小板の減少しか認めないのは、おそらく古い放射線医学の基礎が広島長崎の被曝者の急性症状の研究に基いているからだろう。

これからの医者に課せられた仕事は、福島原発事故における長期間の低線量内部被曝の人体への影響である。深刻な癌が直ちに発生するリスクは低いかもしれない。しかし被曝が人体にとってストレスかストレスでないか胸に手を当ててよくよく考えれば、答は0.1ミリ秒で出るだろう。

とりあえず低線量被曝でも活性酸素は出る。ジョギングで出るのと同じ活性酸素である。そしてジョギングしたら人はその後で休息するだろうが、継続的にセシウムが体内に蓄積している状態は、24時間365日一切休まずにジョギングし続けるようなものである。そもそも細胞に修復機能があるというのは、細胞に休息時間があることが大前提である。それをぶち壊すのが微小放射性物質による慢性的体内汚染である。

鼻血というのはちょっとしたストレスで出るものである。チェルノブイリだけではなくスリーマイル事故でも鼻血が出たという報告はあった。まさか福島がスリーマイルよりも軽い事故だったと言う人はいまい。それを絶対出ないと言い張るから論理が転倒してしまうのである。

安全厨は医学的だの科学的だの言う前に、最低限基礎レベルの論理性を持ってもらいたい。



時事/ブログ観察 | 【2014-05-16(Fri) 22:29:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
鼻血は原発安全厨の最終防衛ラインである

24 -TWENTY FOUR- シーズン2 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]24 -TWENTY FOUR- シーズン2 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
(2010/08/04)
キーファー・サザーランド、エリシャ・カスバート 他

商品詳細を見る


テレビドラマ24シーズン2で、ジャックの上司ジョージ・メイソンは、テロリストが隠し持っていた放射性物質の容器を壊してしまい、中から舞い上がった放射性物質を吸い込んで被曝し、余命一日と宣告される。

つまり被曝には2種類あって、外から放射線を浴びる外部被曝と、体内に微小な放射性物質を取り込む内部被曝である。安全厨はいつもこの二つをごちゃ混ぜにして議論を混乱させた後で、外部被曝の被害のみを語ろうとする。故意にそうしている一部の連中と、それを鵜呑みにしているその他大勢がいるようだ。

まず、継続的な内部被曝はどんなに低線量であっても癌の原因になる。人類が何万年も吸い続けているタバコですら長期的には癌の原因になるのだから、放射性物質が体の内部から継続的に細胞を傷付け続ければそのストレスが癌の原因にならないわけがない。皮膚にはメラニン色素があって有害な放射線から内蔵を守ってるが、放射性物質が内蔵の中に入り込むことに成功すればやりたい放題である。

カリウムとセシウムの体内での挙動のちがいについてはすでに以前に述べた。そこでも日本保険物理学会が論理的に整合しない単位をゴチャゴチャと持ちだしてわざと論点を意味不明にしているが、要するに、カリウムは生物濃縮しないがセシウムは生物濃縮する。

福島原発事故以後で、日本に住む大多数の人間が日々直面しているのは、内部被曝の方である。今の日本の内部被曝がどうなってるかについては以下のページがとても参考になった。

Space of ishtarist
http://ishtarist.blogspot.jp/2013/10/google.html?spref=tw

付け加えると、植物はよくセシウムを吸収する。吸収したセシウムは果実や花粉に濃縮され、大気中に再放出される。ストロンチウムについて言えば、カルシウムとまちがえて吸収されるから、海底で貝が吸収して貝殻になるね。それを水揚げして細かく砕いて、家畜の飼料に混ぜられるね。それが肉となって食卓に戻ってくる。以下ループ。以前にNHKで見たけど、マリンスノーとなって深海に積もったミネラルは、深層水の対流によって海岸に戻り川を遡って内陸部の森林の生きものたちに還元され、また新たな生命のために使われるそうな。つまり生態系の中に必須ミネラルと区別の付かない人工放射性物質が入り込んだ時点で本当はオワコンなんである。

内部被曝を無視し、外部被曝の基準のみで「東京の空間線量は、現在のところ0.05μSv/h程度」だから問題ないと言っている限り、絶対に健康被害は起こらない。そして話を外部被曝に限定する限り、よほどの高線量の被曝でなければ鼻血など出ない。安全厨理論を貫徹するためには一切の鼻血は絶対に絶対に許されない。

逆に、少しでも健康被害が顕在化すれば、それがどんなに些細な鼻血程度のものであっても、安全厨たちの理論構築に致命的な問題があることがバレてしまうのである。

しかし、事実は、内部被曝でも鼻血は出るのである。これは周知の事実であって、24のドラマ中で、メイソンは時折鼻血を流しつつ死んでいくわけである。この公然の事実を無理やりなきものにするため、無理やりな努力を重ね続けているのが現状の日本の安全厨たちである。彼らは自分たちに課せられた任務の不可能性の前に恐れおののき、過剰に過敏になっていて、だからたかが漫画に「鼻血」というキーワードが出てきただけで、一斉に見境なく叩き続けるのである。



美味しんぼ (1) (ビッグコミックス)美味しんぼ (1) (ビッグコミックス)
(1985/03)
雁屋 哲

商品詳細を見る



時事/ブログ観察 | 【2014-05-11(Sun) 21:32:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ツイートまとめ なぜ谷口元一はテイラーではなく吉松育美にストーカーするのか
https://twitter.com/asanojuji

この記事で初めて知ったのだが、谷口元一は、吉松さんが仕事中のテレビの撮影スタジオに押し入った。これは本人も認めているから事実だ。

そしてその理由は、吉松さんが雇っている海外マネージャーが谷口元一に借金しているからだという。これも本人が認めた事実だ。

吉松さんが借金してるのではない。借金しているのは彼女と契約している海外担当のマネージャーだ。

ある会社がホームページを作成したいと思ってデザイナーに外注したような関係であり、そのデザイナーが借金しているという理由で、彼を雇った会社に押しかけて、社長に会わせろと言ったのが谷口元一である。

この常軌を逸した行動を谷口元一本人が認めているのである。そのことについて、テイラー氏は、谷口元一は借金のカタに吉松さんとの契約を引き継ぎたいと言って譲らなかったために断った、と言っている。

これだけを聞くと、そんな非常識なことがあるのかと思い、テイラー氏の証言を疑ってしまうが、

これが事実だとすると、なぜ谷口元一が金を貸しているテイラーではなく吉松さんにストーカーしているのかということをうまく説明できる。

つまり谷口元一自身の行動と発言が、テイラー氏の証言の真実味を補強しているのである。

借金を返せねえ? なら借金のカタに娘をもらっていくぞ――おまえは時代劇に出てくる女衒かよ!!

ていうか、テイラー氏によると、借金を返そうとしたが、吉松が欲しいと言われて断ったと言ってるから、金だけなら返せるところを谷口元一のほうが一方的にゴネてるだけと読める。

ヤクザと関わりがあるどころじゃない。まるきりヤクザそのものじゃんか。

マスコミはただ吉松さんが訴訟を起こしたというだけでなく、以上の事実関係を報道すべきである。

英語の読めない日本男子は、すべからく朝野十字の全訳を読む義務がある!!

#吉松育美 #ミス・インターナショナル
http://asanojuji.blog61.fc2.com/blog-entry-651.html



時事/ブログ観察 | 【2014-01-02(Thu) 06:45:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
日本の美女と野獣 吉松育美 2013/12/18
Japan’s Miss International Takes on Mob-Backed Entertainment Complex
December 18th 20131:00 PM
by Jake Adelstein
http://www.thedailybeast.com...
The Beauty vs. Japan’s Beasts
http://news.yahoo.com...
日本人ミス・インターナショナル、暴力団と癒着した芸能界に物申す
12月18日午後1時
ジェーク・アーデンスタイン記者

第52代ミス・インターナショナルを勝ち取った初めての日本女性、吉松育美が、暴力団と繋がりのあるすべての芸能事務所からの仕事を拒否したとき、正義を行うと芸能界から蹴落とされると彼女は思い知った。

第53代ミス・インターナショナルが火曜日に東京で決定したが、前任者である初の日本女性受賞者、吉松育美は、彼女の栄冠を手渡すべき場所にいなかった。吉松さん(1987年6月21日生まれ)は、女優であり、ベストセラー作家であり、社会活動家である。

授賞式を欠席した表向きの理由について、彼女は、コンテストの運営者である国際文化協会から病気の振りをするよう言われたと語った。国際文化協会は、彼女にストーカーしている有力芸能事務所の重役がトラブルを引き起こすかもしれないと恐れているのだ。国際文化協会は、被害者に責任転嫁する性根を露わにして、日本国内外の多くの人々を憤慨させ心配させている。

性の平等に関して、日本は先進諸国から何十年も遅れていて、2013年国際性格差調査において、136カ国中105位だ。芸能界について言えば、いまだ暴力団が支配し、有力芸能事務所が所属タレントのあらゆる側面をコントロールしていて、1950年代のハリウッドのようだ。

「周防郁雄氏(バーニングプロ社長)は、日本の芸能界のヴォルデモート(ハリー・ポッターに登場する名前を言うのもはばかられる最悪最強の魔法使い)のようだ。誰もが彼を知っていて彼を恐れていて、誰も彼の名前を口にしたがらない」

大手マスコミや警察は、日本の芸能界における悪人どもの振る舞いとヤクザの影に長い間目をつぶってきた。2011年、日本のジェイ・レノ(アメリカの著名コメディアン)、島田紳助が山口組(日本最大の暴力団)との親密な交際の後で引退を余儀なくされたことが発覚したが、彼の芸能事務所の吉本興業は相変わらず営業を続けている。いまだにたくさんの芸能事務所を暴力団が経営していることは広く知られている。たいていのタレントたちはそれを避けられない現実として受け入れ、そして大手マスコミは、タレントたちを必要としているが、芸能界の見苦しい側面を呑気に無視している。

だが、吉松さんはこのような現状に屈しないだろう。

彼女と西川紀男弁護士は12月16日、日本外国特派員協会で記者会見して、今月上旬に日本で最も有力な芸能事務所の重役に対して刑事告発と禁止命令をするに至った経緯を説明した。

彼女の申し立てによると、ストーカーは、パール・ダッシュ社長、ケー・ダッシュ重役である谷口元一氏だ。ケー・ダッシュは、日本最大の芸能事務所のひとつで、著名な渡辺謙(ラスト・サムライ、バットマン・ビギンズ)をマネージメントしている。

記者会見の前のステートメントの中で、彼女は記した、「彼の脅迫と組織的圧力にも関わらず、私はこれらの告発をし、公けに私を苦しめるストーカーを名指ししました。私は個人的利益のためにではなく、すべての女性の代弁者として私の懸念と非道な犯罪を告発します……。日本の女性たちは、報復の恐怖と仕事を失う可能性のために助けを呼ぶことができませんでした。そして彼女たちは、この数百年間ずっと女性への犯罪を『見て見ぬふりをする文化』を持つ社会の中で無視されました」

あなたのボスに会いなさい

吉松さんによると、問題は彼女がミス・インターナショナルになる直前に始まり、いまだに小さな芸能事務所が対応している。2012年春、彼女が仕事をしている事務所に、以前K1格闘大会のプローモーターであった石井和義氏が現れた。彼女は車に乗せられ、日本で最も有力な芸能事務所であるバーニングプロダクションに連れて行かれた。彼女は、しばしば「日本の芸能界のドン」と呼ばれる周防郁雄氏を紹介された。

警察の資料によると、周防郁雄氏は、参議院議員で暴力団である稲川会の元組員であった浜田幸一の運転手としてそのキャリアを始めた。周防郁雄氏は、浜田幸一氏の援助と後押しでバーニングプロダクションを設立し、日本の芸能界を牛耳ってきた。が、同社には問題があった。2001年5月、彼らの事務所に銃弾が撃ち込まれ、暴力団抗争の一部だったように見えた。2007年、警視庁の刑事によって警察のファイルが誤ってファイル共有サイトにアップされたが、そこには、バーニングプロダクションは山口組系後藤組の「クライアント・カンパニー」であると書かれてあった。

吉松さんは、バーニンググループについてさらに調査し判明した後で、「私はそこに連れて行かれてとても不愉快でした。私は、周防郁雄氏が暴力団と関係していることについて話しているように聞こえる録音テープも聞きました」と言った。

2012年10月21日にミス・インターナショナル世界タイトルを獲得した後で、彼女はマネージャーに、契約を延長せず独立して自分の事務所を設立すると伝えた。彼女は自分の海外エージェントとしてアメリカ人のマット・テーラーを雇うと決めた。このような中で行われた前の事務所とのこれが最後だろう話し合いに、石井和義氏が加わってきた。

「彼は私に親友と会うよう要求しました。親友とは、周防郁雄氏と彼の子飼いのKダッシュの谷口元一氏のことでした。私は、その会社(バーニングプロダクション)がヤクザと関係しているという風評や噂を知っていると石井和義氏に告げました。道徳的にも倫理的にも、私はそのような人たちと一緒に仕事をすることができないし、彼らの仲間とも仕事をしたくありません。私は拒否しました」

12月30日、日本テレビの特別番組の収録中に、彼女は初めて谷口と会った。谷口は彼女に向かって怒鳴って言いがかりをつけ、騒ぎを引き起こした。谷口は、テイラーが吉松育美に取次いでくれなかった、そして自分はテイラーと吉松に金を貸している、と言って非難した。申し立てによると、谷口はあるとき彼女の腕をつかんで力ずくでスタジオから連れ出そうとした。そしてその事件を裏付ける録音テープと写真がある。録音テープでは、スタッフが谷口を建物の外に追い出そうとしたとき、谷口元一氏が周防郁雄氏(バーニングプロ社長)の名前を連呼し、その様子はまるで魔法の呪文を唱えているようだった。

谷口元一氏は、何ヶ月も繰り返し彼女の家族や仕事場に連絡を入れ続け、彼女が彼から借りた金について、そしてまた彼女がタイラー氏と手を切ることを要求した。彼は彼女の家族に不穏な言葉を発した。彼は探偵を雇って彼女のオフィスや自宅をこっそり調べさせた。

6月の彼女の父への電話で、谷口は一見父親のような調子で、「私は彼女が死んでしまうか、あるいは自殺するかもしれないと心配している」と言った。彼は以前マネージメントしていた川田亜子に言及したが、彼女は2008年に謎の死を遂げている。吉松さんと家族はそれを脅迫だと感じた。申し立てによれば、谷口元一氏は彼女を中傷し続け、彼女を使わないようスポンサーを脅迫し続けた。

結局、ミス・インターナショナルのスポンサーも、谷口元一氏の圧力に屈した。

11月13日、彼女はここ東京の国際文化協会のオフィスに呼び出され、谷口元一氏が彼女を降ろすよう圧力をかけたと告げられた。「私がストーカー被害の状況を説明した後でさえ、国際文化協会は『病気のふりをしろ』『黙ってろ』そしてミス・インターナショナル大会の最後の舞台を欠席しろ、と命じました。口では私に同情していると言いつつ、私を助けてはくれず、私を不安にさせるだけでした」と彼女は話した。そのとき彼女と一緒にいたマネージャーは会話を録音していた。国際文化協会は我々の取材の申し出に応えなった。

これらの申立てに対して、谷口元一氏はこう述べた、「私はストーカーじゃない。彼女のマネージャーのマット・テイラーは私に多額の借金があり、私はただ金を返してもらおうとしただけだ。なるほど、私は12月30日に彼女に会うため彼女がテレビ収録中のスタジオに行ったけれども、私は吉松さんを連れ出そうとしなかったし、なんのトラブルもなかった。私立探偵を雇って彼女を調べることもしなかった」

谷口元一氏の弁護士の話は少々ちがう。「谷口元一氏はテイラー氏のどんな資産も押収したがっていました。そして彼を見張るために私立探偵を雇いました。私はその探偵からレポートを受け取りました。その中には吉松さんの事務所と自宅の写真がありました。不法に室内に侵入したものはありませんでしたけれども」

テイラー氏は、2012年に裁判で敗訴した後、谷口元一氏に借金していることを認めている。「私は彼と支払計画を取り決めようとしました。しかし彼は借金返済の一部として、吉松さんの契約を引継ぐと言って譲りませんでした。仮にそうできるとしても、私は奴隷であるかのように彼女を彼に売り渡すことはできません。そのことを彼はわかってないようです。私たちは別の時代に生きている」

穏やかな口調で話す彼女の弁護士は、「谷口元一氏と吉松のマネージャーの間にあるどのような個人的問題であれ、そのことで吉松さんを悩ませることは、法律的にもいかなる倫理基準によっても正当化されません」と述べる。

日本のマスコミの沈黙

主要な日本のメディアによるこの事件の報道は極端に少なかった。日本で最も売れている週刊誌である週刊文春が12月12日に4ページの記事として報道した。この事件をちゃんと報道したたった二つの主要な日本の新聞は、佐賀新聞(吉松育美さんの出身県にある)とリベラルなタブロイド紙である日刊ゲンダイである。

この事件を日本人に知らせずにおくことはできなかった。吉松育美さんはブログの中で自分の窮状を記事に書いたが、その記事が、12月12日以来100万レビューを達成した。彼女は励ましのメールやコメントを数百通受け取った。その中には彼女と同じ美人コンテストの参加者も含まれていた。そしてまたストーカー被害を受けた女性たちからの同情と共感が沸き立った。2ちゃんねるのような日本の人気掲示板は、彼女の窮状を伝えない日本の主要マスコミの怠慢への憤怒と失望で炎上している。

これは驚くべきことではない。日本の主要なメディアは、番組、コマーシャル、エンターテイメントのため有名な芸能人に頼っているが、彼らは芸能事務所の支配下にある。

日本の主要な新聞のある芸能部記者は、全般にマスコミが静かであることについて次のように説明した、「日本の芸能界において、周防郁雄氏はヴォルデモートのようです。誰もが彼を知っていて彼を恐れていて、誰も彼の名前を口にしたがりません。周防郁雄氏と谷口元一氏が親密であることは誰でも知ってます。芸能人の利用と収益を失うことを考えると、彼に嫌われることのコストは大きいです。それに対して吉松さんを使う利益は大きくない。残念ですが、これが芸能界です」

が、吉松さんの完敗というわけではない。彼女はアメリカ映画の仕事をオファーされた。彼女の窮状を知ったある国会議員は今週彼女に会い、調査を要求するつもりだ。現在の総理大臣夫人の昭恵さんは、率直な人で、ミス・インターナショナルの審査員でもあったが、伝えられるところによると、彼女は激怒して、国際文化協会が問題にどう対処したか回答するよう申し入れた。

安倍夫人だけが答を要求しているのではない。凶悪な人物によってストーカーやハラスメントをじっと耐えていた何千もの日本の女性たちにとって、吉松育美は、彼ら全員のために断固立ち上がる(勇敢な女性の)象徴となった。




時事/ブログ観察 | 【2013-12-23(Mon) 14:27:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
橋下徹氏の新世界秩序(3)タイム ワールド 2013/05/31
The Identity Crisis That Lurks Behind Japan’s Right-Wing Rhetoric
By Roland KeltsMay 31, 2013
http://world.time.com/2013/05/31/the-identity-crisis-that-lurks-behind-japans-right-wing-rhetoric/?iid=gs-main-lead

日本右翼のレトリックの背後にあるアイデンティティー・クライシス

昨年9月に中国との領土論争において近年最も激しい反日主義が爆発したとき、私は、北京の南およそ80マイルにある天津で会議に出席していた。首都は日本叩き一色に凍りついていた。日本のデパートや自動車、日の丸の旗が燃やされた。反日主義者たちは「ファ××・ジャパン」と叫びながら日本大使館に卵や石を投げつけた。北京の高速道路で日本大使の車を壊そうとした者もいた。

それに比べて、一週間後に私が戻った東京はまったく穏やかだった。殆どの日本人は北京の暴動を見下し、やっかいで野蛮なことだとみなした。私が話をしたある日本の政府高官はその後、野田佳彦首相と彼の政権が無能外交によってすべてを台無しにしたと密かに非難した。「彼らは『領土論争のある島を購入すること』について静かにしているべきだった」とその高官は言った。「そうすればすべて平穏無事だったのに」

数カ月後、野田は政権を去り、安倍晋三と保守主義である自由民主党(悪名高く、自由主義でもなく、民主的でもない)が取って代わった。彼らは国家主義に傾倒した政策に酔っている。そして突然円安になり、輸出企業と共に、封じられていた右翼のレトリックやふるまいが助け出された。現副首相にして元首相である麻生太郎などの態度の明確な政治家は、物議を醸す東京の靖国神社を参拝した。そこは、戦争の死者や戦争犯罪者が祀られ、アジアにおける日帝の大虐殺を糊塗し取り繕っている日本の記念館である。安倍は、1995年の村山談話と日本の平和憲法(それは第9条で日本が軍隊を持つことを禁じている)を見直すことを提起した。

彼は軍用の迷彩服を着て戦闘機に乗り込みポーズを取ったが、その戦闘機には731と書かれてあり、それは、第二次大戦中の最も悪名高い日本の生物化学部隊の番号である。

橋下徹は、日本で二番目の大都市である大阪市長だが、物議を醸す二つの爆弾をも投下した。彼は、第二次大戦中に日本軍を慰安するためアジアの女性たちを性奴隷にしたのはやむをえなかった、そして国の強制があったかどうか疑わしいと述べた。そのあと彼は、沖縄その他に駐留する男性の米軍員に、性犯罪を減らすため日本の性産業を利用するようアドバイスした。

橋本の失言はつまらないものだろう。ただし、彼が二度目の会見でアメリカ人に謝罪しながら、一方で彼のアジアの友人たちへのお詫びの言葉が皆無だった点は別だ。いったいなぜそうなのか?

日本のアイデンティティー(それ自身によって語られるそれ自身のための物語)は二度崩壊した。1853年、マシュー・ペリー米提督は、孤立していた江戸幕府を貿易のため開国させた。1945年、ダグラス・マッカーサー将軍は、貿易及び戦況と諜報において孤立していた軍政府を打ち破り、開国させた。この両方のケースで、アメリカは西側の象徴であり、日本の近代化に注力し、アジアから引き離した。日本はこれに応え、一番ではないにしても、20世紀後半に世界で二番目に豊かな国になった。

日本は一直線に繁栄した。西洋から学び、アジアを忘れて。

2013年に国家主義に向けて明らかに舵を切ったことは、絶望的アイデンティティー危機の結果かもしれない。日本は160年前のペリー来航以来、そして70年前のマッカーサーの進駐以来、「日本」ではなかった。とは言うものの、日本は韓国や中国、東南アジアのように植民地化されることはなかった。ある意味、日本は、アジアにおいて諺に言う黒羊(厄介者)である。求められるにせよ失われるにせよ、西洋でも東洋でもない。

最近の地政学的変化は困難な場所で日本を躓かせる。ヨーロッパ経済は低迷している。アメリカは二つの戦争と内政問題によって混乱している。経済成長のパワーを持っているのは、日本が長く不在であった領域であり、日本の友人であることに失敗しているアメリカの支配下にあるアジアのみである。

私は、アジアの知的伝統の研究である「帝国滅亡の様相」の作者、パンカジ・ミシュラに、もし日本がアジア的価値を蘇らせることができるならどのようにして可能か、と尋ねた。

「もし日本がアメリカの核の傘の下から脱するならば、アジアの隣人、とりわけ台頭する中国からまともに相手にされ、普通の国になることができるかもしれない」と彼は言う。「そのためにはマッカーサー憲法を改正して核武装する『必要がある』」

しかし日本はアジア及びその他の諸国の不安を掻き立てずに平和憲法を破棄することはできない。そのような悪い選択をしつつなお良い国であるもう一つの日本を想像することは難しい。もし日本がアメリカから押し付けられた憲法を破棄するならば、激しい反発を呼ぶ危険がある。そしてもし憲法を破棄しないならば、独立国家としてのアイデンティティーを持つことができない。

ミシュラは付け加える、「私はこのようなひどい歴史的選択を強いられている他の国はないと思う」

ある夜マンハッタンで、友人は私に言った、「想像できるかい? ロングアイランドから列車で1時間の場所に、日本の空軍基地があり、そこに日章旗が描かれた輝く戦闘機が満ち溢れ編隊を組んでいるところを? それが、日本人が東京から1時間ほどの場所で見ているものなんだ」

日本のアカデミズムの若きリーダー、東浩紀は、日本のポップカルチャーにおいて日本の伝統的イメージがアメリカの影響がある以前の江戸時代を常に参照していると指摘する。それらはまたジッポ・ライター、携帯電話、ファーストフード店といった時代錯誤なアイコンも含む。

日本は、アイデンティティーの不適切な部分を削除され、もはや存在しない西洋優位の夢によってくり抜かれた国である。最近のナショナリズムの台頭は日本の青年期の劣化版として見なしうるかもしれない。これは、それ自身のひたむきな追求過程によってぐるりとつむがれた国であり、自分が誰で今どこにいるのかまるでわかってない。



時事/ブログ観察 | 【2013-06-16(Sun) 23:55:55】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
橋下徹氏の新世界秩序(2)ウォールストリートジャーナル 日本リアルタイム 2013/05/27
May 27, 2013, 7:52 PM
Hashimoto Says Comfort-Women Remarks Were ‘Distorted’
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2013/05/27/hashimoto-says-comfort-women-remarks-were-distorted/

橋本、慰安婦発言は「曲解された」と語る

大戦中の日本軍による売春の強制についての橋本大阪市長の発言へのおびただしい国際的非難のあとで、月曜日に、遠慮なき大阪市長は、世界へ向けての弁明のため珍しく海外メディアの前に現れた。

300名の記者やカメラマン、テレビ局員たちの前で、マスメディアは自分の発言を曲解した責任がある、と橋下氏は主張した。彼は、戦時中に日本軍が関与して慰安婦(その大部分は日本の植民地の出身者だった)を強制し軍用売春宿へ移送したという問題に対する彼のこれまでの立場について、自説に固執し、質問をはぐらかすために3時間の大半を費やした。

と同時に、彼は韓国およびそれと同じぐらい連合国を指さして非難した。それというのも、日本の軍隊が女性を搾取したという内輪の恥のなせるわざである。

橋下氏は日本で二番目に大きな野党の共同代表である。彼は5月初旬に、第二次大戦中に売春を強制されたいわゆる慰安婦たちは、当時の軍隊の規律を維持するために「必要だった」と述べた。

「私の意見と正反対の解釈を事実だと決めつけ、私が女性を侮辱していると言い続けるニュース報道は極めて嘆かわしい」と橋下氏は冒頭で述べた。「私が言わんとしたところは……他の国々もまた自分たちの軍隊が女性の権利を冒涜した事実を真摯に直視すべきであるということだ」

米国や英国のような国が公的軍用売春宿を設置しなかったのは、清教徒的価値観によるものかもしれないが、しかし、戦争中に「彼らが現地の女性を利用したことは事実だ」と橋下氏は付け加えた。

橋下氏は、扇動家であり国粋主義者である石原慎太郎と共に日本維新の会の共同代表を務めている。そして女性を彼女たちの意に反して集め「慰安所」に運ぶことに日本軍と日本政府がどれくらい関与したかについての質問に正面から答えることがなかった。この問題は政治家ではなく歴史家に委ねられるべきであると彼は述べた。

「女性の人権を尊重する立場から見て、公的に認可された売春であれそうでない売春であれ、あるいは組織的強制があろうとなかろうと、女性の苦しみにとってみればさして重要でない」と彼は言った。

しかし彼は、沖縄に駐留する米軍人たちは現地の「性風俗」産業を利用して性的欲求を発散させたほうがいいという自分の提案を謝罪し撤回した。

橋下氏はまた、コメントのほとんどすべてを、「言葉では言い表せないほどの」痛みと苦しみを女性たちに与えた日本軍はまったく許すことができないという但し書きから始めた。

橋下氏率いる日本維新の会の人気は、結党前であった一年前から世論調査で自民党より2倍以上の支持率を獲得するほどのものだったが、12月に自民党が政権をとって以来、日本維新の会の支持率は低下し続けている。しかし橋下氏は最近、支持率の低下傾向を立て直すと発言した。

月曜日に公表された6月の参院選挙についての日経の調査では、日本維新の会に投票すると答えた人はわずか3%であり、前月より6パーセント下がっている。一方、47%の人が自民党に投票すると言った。自身が引き起こした騒動の責任をとって代表を辞任するかどうか尋ねられて、橋下氏は言った、「もし日本の有権者が最近の私の発言を認めないなら、日本維新の会は敗北するかもしれない」、6月に。

「そのあとで私がリーダーを辞めるべきかどうかは党が決断するだろう」




時事/ブログ観察 | 【2013-06-01(Sat) 10:50:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
橋下徹氏の新世界秩序(1)南華早報2013/05/28
South China Morning Post
Osaka Mayor Toru Hashimoto sorry for insulting US in prostitute row
Tuesday, 28 May, 2013, 2:42am
http://www.scmp.com/news/asia/article/1247641/osaka-mayor-toru-hashimoto-sorry-insulting-us-prostitute-row

橋下徹大阪市長、売春に関する米国への侮辱を謝罪する

歯に衣着せぬ日本の政治家が、米兵は強姦を減らすため売春婦を利用すべきだと言ったことにについて昨日謝罪した。しかし、第二次大戦中の日本の性奴隷の利用に関する発言については自己弁護した。

橋下徹大阪市長は、日本維新の会の共同代表であり、自分の意見は沖縄に駐留する米兵の市民への性的暴行への「危機感」から引き起こったと述べた。

「私の意見が米兵や米国市民への侮辱であると解釈されうることを私は理解している」そして彼は、それは不適切であったと東京の日本外国特派員協会で述べた。/

橋本は、2週間前、戦時中の日本と現代の性風俗についてのコメントによって騒ぎを引き起こした。そして、戦時中に日本に侵略され、そのときに犯された残虐行為への償いがないことに不満を募らせてきた近隣諸国の怒りを買った。

橋本は、5月13日に沖縄を訪問し、米兵たちによる合法的性風俗産業の「よりよい利用」を米軍司令官に提案した。「もし合法的性風俗産業を活用しないならば、あなたがたはたくましい米兵たちの性的欲望を抑えきれないだろう」と彼は述べた。

彼はまた、戦時中にアジアの女性たち、その大部分は朝鮮人および中国人であったが、日本が彼女たちに戦場の最前線の売春宿で働くよう強制したことは、統制を維持し兵士を慰安するために必要だったと述べた。

彼はこれらの発言については謝罪しなかった、その一方で、いわゆる慰安婦を、「たくさんの朝鮮人女性や日本人女性の尊厳と人権を冒涜した許しがたい行為だった」と言ったのだ。

彼はなおも言外に主張した。世界中の軍隊が過去の戦争において「女性を必要としてきたように見える」し、そしてまた世界中の軍隊が戦時中に女性の権利を侵害した、と彼は言いたかったのだ。

日本の過ちを、第二次大戦中の他の国々の軍隊にも存在した問題として選り分けるべく彼は主張した。

しかして歴史学者たちは、主に朝鮮半島と中国の出身である20万人を超える女性たちが軍用慰安所で売春を強制されたと言っている。

---------
この記事は、2013年5月28日、南華早報の印刷版「市長が売春発言を謝罪する」が初出である。


(関連動画)橋下徹大阪市長外国特派員協会会見
http://www.videonews.com...






時事/ブログ観察 | 【2013-05-29(Wed) 00:38:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。