FC2ブログ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ミッション - イキウメ 2012/05/19
先週の土曜日に見てきたんですけどね。先週の土曜日。ついさっきのような気がするんだが、ハッと気づいたらもう水曜日の夜じゃんかー。まいったねー。工員矢野ゴメスだね。工員矢野ゴメスというのはね。長野に出稼ぎに来た日系ブラジル人の物語なんだけどね。まあそれは後にして。

イキウメですよイキウメ。どういう漢字を書くのかなあ。まさか生埋め? それはちょっと恐すぎるんでたぶんちがうと思います。そんな劇団名ありえないよね。じゃあ、粋梅かな。なんか焼酎の名前にでもありそうだね。いや、ちがうんだなこれが。これはね、大正時代にお梅さんって女学生がいてね。これがまたハイカラでね。周りの男子学生の垂涎の的。そういう大正ロマン竹久夢二風味なラブストーリーなんだね。

そんなわけで感想はつらつら書いてますがなんかタイムリープかと思うほど時間がないのでまだ書き上がってません。待ってる人がいるなら気長に待ってね。それにしてもホームページに開演時刻が書かれてないって、どうよ。

イキウメ
http://www.ikiume.jp/

(追記)5/25 コメント欄でご指摘いただきました。http://www.ikiume.jp/kouengaiyou.htmlの一番下のタイムテーブルに開演時刻が書かれていました。どうも、すいません。当日気づかずに電話して問い合わせたら丁寧に教えてもらえました。

(追記2)おまたせ感想はこちら 5/26
http://p.booklog.jp/book/29515/chapter/85102

スポンサーサイト
演芸/演劇/ライブ | 【2012-05-23(Wed) 22:18:50】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
12匹の由緒ある猫たち - 猫の会 2012/04/28
きのう見てきて先ほど感想書き終わりました。
ツイッターでつぶやいたんでもうそれでいいような気がしますが。
いちおうブログでも宣伝しておこう。

感想はこちらです。
http://p.booklog.jp/book/29515

猫の会
http://www.neconokai.org/

演芸/演劇/ライブ | 【2012-04-29(Sun) 22:35:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
低線量被ばくと内部被ばくの脅威~私たちにできることは何か~ ユーリー・バンダジェフスキー博士
行ってきましたよ、今最も旬なライブと言えば ユーリー・バンダジェフスキー博士。玉川区民会館450席満席でしたよ。私はこの目で見ました。しかもなぜか若い女性が多かった。私の席の両隣も前の席も妙齢の女性で、みな熱心にメモを取ってました。ほんと、40、50の座席を埋めるため劇団員にチケットノルマを課してるそこの劇団長さん、博士の爪の垢でも煎じて飲みなさい。

対決! ベラルーシの赤いセシウム爆弾・バンダジェフスキー v.s. 名探偵 朝野十字 その帰趨やいかに!!

衝撃の社会派感想は、今日はもう眠いので明日以降になります。


主催・放射能防御プロジェクト
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

(追記)2012/03/18
バンダジェフスキーでちょこちょこ検索してたら、博士のものらしい論文のページを発見したので週末に辞書を片手に翻訳してみました。

対訳・セシウム137による子供の臓器の慢性的汚染について
http://p.booklog.jp/book/32673

原文もコピペして対訳にしておいたので、朝野の訳文なんか信用ならんという人も気軽にダウンロードしてね!
元ネタはこちら。

Chronic Cs-137 incorporation in children’s organs (Swiss Medical Weekly 2003)
http://www.smw.ch/docs/pdf200x/2003/35/smw-10226.pdf

なお、科学論文は日本の著作権保護法の対象外だしソースがすでにネットで無料公開されているのでそういう問題はないと思います。でも翻訳した文章のほうには朝野に著作権があるよ。

(追記2)2012/03/19
講演会の感想はこちらです。
http://p.booklog.jp/book/27518/chapter/78056




演芸/演劇/ライブ | 【2012-03-13(Tue) 23:50:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
グッドモーニング・マイ・ヴィーナス - 劇団GAIA_crew
土曜午後のほっこりタイム、いかがお過ごしでしょうかー。
はい、朝野十字はどっこい生きてますよーー。

ustream無料中継ということで、昨夜見ましたよ。今、再度ホームページを見たら、月曜夜にもライブ中継やるし、昨夜の中継はライブじゃなくて見れるようになってるみたいです。というわけで今感想書いてます。

タマフルシネマハスラーみたくみなさんustreamで予習してくださいところでうたさんはdisってるときのほうがおもしろいじゃんでもそのほうがおもしろいからdisってるわけじゃないよ型演劇感想はのちほど。

劇団GAIA_crew
http://gaiacrew.com/

(追記) - 2012/03/05
感想書き終わりました……。
ええっと、映像とか音楽とかよかったです。
役者さんもひたむきさが伝わってきました。
気分次第な感想なんか気にしないでがんばってね!

http://p.booklog.jp/book/27518/chapter/76498

演芸/演劇/ライブ | 【2012-03-03(Sat) 15:39:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
TEAM JACKPOT「あかねさす日の暮れゆけば七福神」
今日はネットで検索してタイトルとか値段とかをチラっと考慮して、
宝くじを買う感覚で19時からの回を見に行ってきました。
感想は書き始めましたが、眠たくなってきたのでアップはまたのちほど。

TEAM JACKPOT
http://teamjackpot.blog130.fc2.com/

(追記)2011/12/18
へい、感想お待ち!
http://p.booklog.jp/book/27518/chapter/67186
演劇展望[vol.1]
http://p.booklog.jp/book/27518



演芸/演劇/ライブ | 【2011-12-11(Sun) 23:21:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
グルッポ・テアトロ「三人姉妹」
はいどうもーご無沙汰しております朝野十字です。
きのうの土曜日の13時からの回を見てきました。中板橋駅から徒歩三分のイプセンスタジオ。
まだしばらく公演するようなのでおもしろかったお勧めです。
それで感想のほうなんですが、昨日から書き始めてもう原稿用紙十枚以上書いたんだけどまだ全然終わんない感じなので、今日はもう寝ます。感想のアップは、平日はいろいろ忙しいのでひょっとすると次の週末になるかもしれません。

グルッポ・テアトロ
http://www.geocities.jp/gruppoteatro2/gruppo.html

(追記)2011/11/28
ずいぶん遅くなってしまいましたが、感想UPしました。
ニッチでマニアでロングテールなあなたに向けてそっと公開。

三人姉妹感想はこちら
http://p.booklog.jp/book/27518/chapter/65007

演芸/演劇/ライブ | 【2011-11-20(Sun) 23:07:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
YA-Link9「バースデー ~変わらぬ現在と変われる未来~」
値ごろ感について考えます。

東京の小劇場を月一回の頻度で見てきましたが、一等最初は――。

「一等最初」って言い回しはサザエさんを読んで覚えたんですよ。
へへえ、江戸っ子ってこんないいかたするのかあと思って覚えましたね。

ちなみに朝野の生まれは京都市伏見区丹波橋なんですけどね。あのころの東京はかっこよかったなあ。今やすっかり被曝してしまって見るかげもないけど、でもそこがまたね。
フィリップKディック的未来東京みたいな魅惑を感じてしまう朝野十字はつくづく田舎者なんですね。小学校に上がるころに引っ越しまして、育ちは木津川のほとりの郡部なもんで、恐縮です。

それで、ネットで検索して――ていうかこのページ(http://tokyo.engeki.client.jp/)しか見てないんですけど。だれがやってるんだろ。謎ですね。

それでですね、たぶん映画との比較だろうと思うんですが、2000円以下だと割安感ぐんと出てきますね。でもどこどこの大学の学生演劇だと書いてあるとちょっとひいちゃいます。たぶん身内で盛り上がってていちげんさんお断り暗黙知なのに、なんかへんなおじさんが当日券で見に来たよ、KYだねーとか言われそうで。

個人的偏見かもしれない、いやもちろん偏見は入ってるでしょうけれども、だいたい2000円以下だとまとめて安いって感じなので、1500円なら見に行かないが500円とか700円なら行くってことはないんじゃないかな。だから値付けのときは、安くすればいいってもんじゃないし、無料とかカンパ制だとかにすると、逆に腰が引けてると思われて避けて通られる可能性があると思います。こういうのもその人それぞれの経験値とか月に何回見に行くかとか、誰と見に行くかとかによってちがうでしょうけれどもね。月1回だとやっぱりMAX5000円かなあ。まだそんな高いところ行ったことないけど。

そんなわけで、今回は当日券1500円のところに決定です。この程度なら見る前にハードル上げることなくお気楽&気軽に見に行けますよね。
お気楽&気軽感想はのちほど。
それでは行ってまいります。

(追記)
YA-Link9
http://ya-link9.jugem.jp/
感想
http://p.booklog.jp/book/27518/chapter/58156
演劇展望[vol.1]
http://p.booklog.jp/book/27518


演芸/演劇/ライブ | 【2011-10-08(Sat) 17:50:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
THE CHERRYGIRLS(ザ・チェリーガールズ)「絶頂砂漠」
THE CHERRYGIRLS(ザ・チェリーガールズ)
http://www.the-cherrygirls.com/

絶頂砂漠ってどういう意味だろう。女日照りというのは、女を慈雨に喩えてそれが日照りで不足しているという意味だが、そこから類推するに、絶頂が不足しているという意味かな。絶頂に興味があり勉強しカウンセリングも受け慎重にパートナーを選んで何度もトライし、それでも満足のいく絶頂が得られない生真面目な女性の話なのかなあ。いや、やはり絶頂は砂漠を修飾していると考えるのが普通かな。するとどこかの砂漠の一帯に特殊な電磁波のようなものが出ていて、そこで愛し合うとすぐに絶頂できるという恋人たちのメッカの話かなあ。惑星ソラリスは海の惑星だったが、そのそばに砂漠の惑星があって、そこに行くと老若男女を問わず全員ただちにいきまくりで探検する暇がないというSFか。それとも絶頂と砂漠には直接の意味関係はなくて、たとえばシャ乱Qのようなバンド名なのかもしれない。東京絶頂マシーンズと砂漠のオアシスが合体した新ユニットが絶頂砂漠。

うーむ、謎だなあ。

この謎を解き明かすべく今から行ってまいります。

敏感なアナタの一番奥に届く絶頂感想はのちほど。

(追記)
絶頂感想一丁
http://p.booklog.jp/book/27518/chapter/54216
演劇展望[vol.1]
http://p.booklog.jp/book/27518



演芸/演劇/ライブ | 【2011-09-17(Sat) 13:21:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
演劇サークルact「sakura荘の夢」
格安チケットハンター朝野十字の次なるターゲットは、

演劇サークルact「sakura荘の夢」
http://engekiact.exblog.jp/
に決定!!
ていうか今見終わったところなんですがね。
チケット無料というのに惹かれて見にいったんですが、さて、タダより高いものはないという格言は真実や否や。
大都会の闇を暴く迫真感想ルポは後ほど。

【追記】
感想アップしました。
http://p.booklog.jp/book/27518
目次から三番目を見てください。
http://p.booklog.jp/book/27518/chapter/51155

演芸/演劇/ライブ | 【2011-08-20(Sat) 21:43:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【コミPo!】キツイ

http://youtu.be/BDxv4OJpwBs

週末劇団 美保ちゃんと要ちゃんが、玉置浩二「キ・ツ・イ」の替歌に挑戦!




演芸/演劇/ライブ | 【2011-07-31(Sun) 13:39:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。