FC2ブログ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
リスを実装する


コンピュータの中に妖精はいない。高校の技術の授業で、トランジスタの構造を習ったが、今あるコンピュータはすべて小型化されたトランジスタの集積したものであって、当然のことながら、コンピュータの内部に謎めいた部分は一切ない。

しかし例えばマトリックス リローデッドに出てくる鍵屋さん。彼は裏口からマトリックスに侵入するためのキーパーソンなのだが、このマトリックスというのが、仮想現実を作っているコンピュータのことだ。なるほど、コンピュータ業界では、不正にコンピュータに侵入するために予め仕込んでおくプログラムのことをバックドアと言う。バックドアから不正に進入するためには、やはり予め仕込んでおいたキーワードが必要だ。

さてしかし、この映画で、鍵屋さんが登場したり、鍵屋さんが3D空間に並ぶドアのうちから、正しいバックドアを見つけて敵の本体に侵入するシーンは、なんの比喩なのだろうか?

ここで思い出すのが、かんべむさしの水素製造法だ。これ、なにげに読んで忘れていて、その何十年も後に繰り返し思い出す。ひょっとすると全国民必読の古典ではなかろうか。

就職試験で「水素ガスの製造法を述べよ」という設問が出て、たとえば、中学校で習う水の電気分解方法を書けば足りるわけだが、文系学生だった主人公はまったくわからない。試験中に利用できるのは国語辞書だけ。そこで主人公は、水素とかガスとか元素とかを辞書で引き、その言葉から連想される勝手な妄想を書き連ねていく。おおかた忘れてしまったが、爆笑ネタだった。

結局それと同じで、コンピューター業界のバックドアだとか暗号キーだとかの言葉だけを聞きかじってそこから勝手にイメージしたものを映像化してるようにしか見えないんだよね。でも、バックドアという言葉自体が比喩で、その実体は微塵の謎もないコンピュータ・プログラムなので、そんなものを作家の勘違いイメージで映像化されてもなんのワクワク感もない。

「リスを実装する」の実装もプログラミング用語で、クラスを定義するという意味だね。クラスの定義をやたら抽象化して説明する解説書が溢れているらしくて、それがちょうど、「バックドア」から本物のドアをイメージしてしまうマトリックス監督の妄想とそっくりで笑えるわけである。

特にどの本というわけではないのですが、どうしてこういう例え話が出てきてしまうのか、私にはさっぱり分かりません。クラスの概念を哲学用語か何かのように説明するのはいいかげんやめにしてほしいものです。だいたい、テレビ型やカラーテレビ型クラスを作るJavaプログラマがどれだけいるというのでしょう。しかも、第2回「Javaの変数の本質を知る」で指摘した「変数は箱だ」説同様、この手の例え話を信じると、プログラムがどのようにメモリを使うのかという視点が抜け落ちてしまいます。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0303/08/news002.html


本書では、プログラミング的に見て特に間違った記述はない。なるほど、クラスの概念を哲学的に考えると、人間の実体と思われているものも一瞬のインスタンスであるように思えてくる。そしてこれはプログラミングの解説書ではなくて、文学であり、文学的イメージの跳躍のためにコンピュータ用語を援用しているのであり、上記引用部分の「いいかげんやめにしてほしい」ことの範疇外である。

さはさりながら、コンピュータ上の仮想現実のイメージを利用して、人の命の儚さを謳う技法は、すでに小松左京の短編に見られる。そしてこのテクニックは、多くの人が、コンピュータの内部にはなにか不思議なものがあるという迷信を共有していなければ成立しない。事実はそうではないので、そのように感じる人は今後ますます減っていくだろう。だからこのようなテクニックは完全に時代遅れだ。いいかげんやめにしてほしい。



スポンサーサイト
純文学・随筆/その他 | 【2015-07-04(Sat) 21:56:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
機械

機械機械
(2012/09/27)
横光 利一

商品詳細を見る


ピンとこなかった。不条理小説は、得体のしれないだが確かに心の内にあるエモーショナルな何かの暗喩になっているものだと思うのだが、職場の工場で使う薬品のために頭がぼんやりするというのであれば、別に不条理ではないだろう。




純文学・随筆/その他 | 【2013-02-15(Fri) 02:50:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
狂人日記(魯迅)

狂人日記狂人日記
(2012/10/04)
魯迅

商品詳細を見る


同じタイトルの本が3つ続いた。どれも狂人の一人称という共通点があった。モチーフはそれぞれ異なった。モーパッサンや魯迅はゴーゴリの作品をおそらく知っていたのではあるまいか。
ゴーゴリ   1809-1852
モーパッサン 1850-1893
魯迅     1881-1936





純文学・随筆/その他 | 【2013-01-23(Wed) 21:59:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
狂人日記(モーパッサン)

狂人日記狂人日記
(2012/10/04)
ギ・ド モーパッサン

商品詳細を見る


モーパッサンの狂人日記はぐっと短くて星新一テイストだった。



純文学・随筆/その他 | 【2013-01-22(Tue) 20:41:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
狂人日記(ゴーゴリ)

狂人日記狂人日記
(2012/10/04)
ニコライ ゴーゴリ

商品詳細を見る


驚いた。本当にタイトル通り狂人が一人称で書いた日記だった。特にオチもない。これは詩のように読むのがよいのだろうね。

純文学・随筆/その他 | 【2013-01-20(Sun) 08:05:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
百姓マレイ[掌編]

百姓マレイ百姓マレイ
(2012/09/13)
フィヨードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー

商品詳細を見る

いいやねドストエフスキー。一行目からうまい。

 そのとき、わたしは、まだやっと九つでした……いやそれよりも、わたしが二十九の年のことから話を始めたほうがいいかもしれません。

最初9歳のイメージちょっと湧くじゃないですか。それを瞬時に29歳に跳躍させる。あれ?って感じで一気に小説内に引き込まれるよね。てゆうか今書いてる時点でのおまえは一体いくつなのっていうか。

いいやね。なんですか、正教的倫理観もこういうふうな使われ方ならお仕着せ感ゼロでいい。

ドストエフスキーを純文学に分類するのってどうなのかなあ。ていゆうか純文学っていうカテゴリ自体どうなのよ。そういうのって、こうなんていうか裸婦画なんだけど芸術なので閲覧可みたいなね。そういう枠組みがナンセンスなんだよ。

うん、いい。お薦め!







純文学・随筆/その他 | 【2013-01-04(Fri) 23:26:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
箱根熱海バス紀行

箱根熱海バス紀行箱根熱海バス紀行
(2012/09/13)
寺田 寅彦

商品詳細を見る


立て続けに小説ばかりだと気が置けるから中には肩のこらないこういう短な随筆も織り交ぜつつも、さあさあ、時間がないよ、余命有限だよ。Kindleストア › 無料本だけで、45,634 もあるんだよ。絶対読み終わらないよ。とにかく生きる限りどんどん読もうぜ無駄口叩いてる暇ないぜ、読書家諸君よ、我が朋友たちよ、さあ、さあ、先を急ごう!


純文学・随筆/その他 | 【2013-01-03(Thu) 22:37:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
東海道五十三次

東海道五十三次東海道五十三次
(2012/09/27)
岡本 かの子

商品詳細を見る

岡本かの子は初めて読みますね。母の本棚に名前があったようなかすかな記憶がありますが定かではありません。出だし、てっきり随筆のような感じで始まって、語り手である作者等身大の女の父がある青年を生真面目な苦学生だと褒め讃え養子に迎えた上に、娘と結婚させたという。養子に迎えた後に結婚だと兄妹になっちまう。結婚を以って養子とするという意味かな。そうやって左手でスマホを覗きこみつつ右手でネットブックを叩いて岡本かの子を検索するとwikipediaに「上野美術学校生を通じて岡本一平と知り合う。21歳の時、和田英作の媒酌によって結婚、京橋の岡本家に同居するが、家人に受け入れられず二人だけの居を構える」とあって、全然ちがうじゃん。ただ作品だけに集中すると語り手は自分のことを「平凡な人生」と言っている。いやいやなかなかこの作品のように平々凡々最初から最後まで幸せなままの人生なんてあるものか。これこそフィクションだ。


純文学・随筆/その他 | 【2012-12-16(Sun) 00:15:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
狂女[掌編]

狂女狂女
(2012/10/04)
ギ・ド モーパッサン

商品詳細を見る


タイトルがゴシックだなあ。ホラーかな。そんな軽い気持ちで読み始めたら、熱い反戦小説だったので意表を突かれた。


純文学・随筆/その他 | 【2012-12-12(Wed) 00:00:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
墓[掌編]

墓
(2012/10/04)
ギ・ド モーパッサン

商品詳細を見る


モーパッサンの掌編も1クリックでスマホにダウンロードできるなら通勤途中に読んでしまうね。
いやいや、すごいすごい。実際体験してみて初めて分かるこれほど快適だとは。

極楽至極!

純文学・随筆/その他 | 【2012-12-05(Wed) 21:11:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。