FC2ブログ
カレンダー
01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
小説の技巧
デイヴィッド ロッジ, DaVid Lodge, 柴田 元幸, 斎藤 兆史
小説の技巧

50の短い章からなるこの本は、新聞の文芸欄に連載されたもので、毎回、名作からの短い引用のあとに、様々な小説の技巧がわかりやすく簡潔に説明されています。例題と解説がワンセットになった受験参考書を買えと、昔、和田秀樹が言ってましたけれども、ちょうどそんな感じで、名作小説(多くは古典)からの短い引用を読んで、なんとなくその雰囲気をお手軽に味わうことが楽しいし、ユーモアのあるロッジの解説も面白い、これは本当に良い本です。目次は、その章で扱う技巧の名前が並んでいて、たとえば、第三章は「サスペンス」ですが、冒頭でトマス・ハーディが引用されます。私は知らないですが、昔の有名な作家らしいです。こんなところからサスペンスを引いて来るところが、なかなか碩学な感じで、でも文章は平易で、安心して読めます。他にも、書簡体小説とか視点とか場の感覚とか、文芸評論を読むときに知っておいたほうが良いような言葉が並んでいて、そのような知識をざっと得ることができるようなオトク感もありますね。
フォルマリズム関係の本を読むと、しきりと「動機付け」という言葉が出てきて、動機というと、犯行の動機とか転職の動機とか、普段そういうふうに使いますけれども、モチーフを動機付けるとか、ワトソンはそのように動機付けられる、とか書いてあって、なんか微妙によくわからなかったりします。けれども専門用語というほどでもないので、そのような方向からもなかなか調べづらいし、国語辞典を引いてもぴんとこないしで、こういう中途半端な言葉はかえって難しいのですね。そこで、この本の目次を見ると、ずばり40章に、「動機付け」とあります。その頁を開きますと、ジョージ・エリオットが短く引用され、作者が登場人物をどのように動機付けるかについて解説されています。どのようなモチーフをどのように組み合わせて、登場人物の行動を本物らしく納得できるように描くか、というような意味のようですね。
好きな章から気軽に読みながら、ジョージ・エリオットも昔の有名な人らしいですが、そういう高尚っぽい雰囲気も短めに味わいつつ、ちょっと利口になった感じがする本です。


2001/02/02

今までのまとめ
  1. 小説が他の文献と大きく異なるのは、豊潤なイメージを惹起させる点である。

  2. 小説は単にイメージだけでなく、感興(サプライジング)を引き起こす。

  3. あるひとつのイメージを惹起する意味的なまとまりを分節と呼ぶ。

  4. 分節は語句・文章から小説全体まで、様々なレベルにおいて読み取ることができる。

  5. 分節構造(分節の並び方)が感興を引き起こす時、それを異化効果と呼ぶ。

ロッジは異化効果についてシャーロット・ブロンテの「ヴィレット」のワンシーンを引き合いに出している。そこでは主人公である女教師(ルーシー)が名画「クレオパトラ」を鑑賞している。
…我々は布地を配した古典的な裸体画を見慣れており、それ(註・約25メートルの垂れ幕のような布)が陰部を数インチほど隠す以外はただ裸体の回りで折り重なり、波打っていることに何の不思議も感じないために、もはやその本質的な人為性に気づかない。(中略)性的な誘惑を暗示する、女性がけだるそうに椅子にもたれかかるポーズも、絵の中で設定されている時間帯(註・明るい昼間)と不釣り合いであると言うこと、そして女性の肉体的欠陥を示す証拠がないことについての説明によって嘲笑的に描かれている。(註・非常に健康そうで腰が悪いとは思えないのに昼間にだらしなく寝ているから)そして説明の最後に到るまで「クレオパトラ」という名前を隠しておくことにより(中略)それが求める歴史的/神話的解釈が恣意的で空虚なものに過ぎないことを暗に語っている。(p.80 D・ロッジ「小説の技巧」白水社、1997)※文中の註釈は朝野十字による

ロッジはこのワンシーンを描写と呼び、物語性のない「静止状態」であると述べている。しかし私はここに、「エステル」と同じ立体構造があると思う。

このクレオパトラはいつの時代のものか。無知な私でも、裸体画、波打つ布と聞いただけでギリシア時代またはギリシアをお手本にした時代の絵画だろうなとわかる。そしてブロンテは19世紀の作家で、だからブロンテが嘲笑しているのは、当時の西欧的価値観だ。

第一に、当時の人にとって当り前のものの見方――このクレオパトラの裸体画は名画であるという自動化された観念がある。第二に巨大裸婦の奇怪な絵画の説明があるが、読者はまだクレオパトラだとは知らされず、何か別の話だと思っている。そして第三に、その二つが同一であると示される。そして読者の中に自動化された第一のイメージが壊され、第二のイメージが壊される。どう? エステルの三つの分節と同じだろ。第一のイメージがあまりに自明であるために省略されていると考えれば。

2001/02/09

今までのまとめ2
  1. 芸術は、実用からの逸脱による異化効果によって感興を生み出す。

  2. 小説は、実用的文章(報告書、書簡、会話のメモなど)を装い、なおそこから逸脱する。

  3. 読者は、文章を読む習慣に従って小説を読む。

  4. 読者は、作者の言いたいこと(テーマ)を理解しようとする。

  5. 読者は、テーマへ到るために文章の論理的関係(プロット)を把握しようとする。

  6. 読者は、プロット理解のためにモチーフを吟味する。

  7. 作者は、このような読者の態度に向けて、小説の仕掛けを作る。

  8. 作者は、テーマを明示しない。

  9. 作者は、プロットを複雑にする。

  10. 作者は、読者にできるだけ長くモチーフを吟味させ、意図したイメージを喚起させようとする。




スポンサーサイト
評論/ノンフィクション | 【2005-02-20(Sun) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
チェーホフ 短篇と手紙
アントン・パーヴロヴィチ チェーホフ, 山田 稔, Anton Pavlovich Chekhov, 神西 清, 原 卓也, 池田 健太郎
チェーホフ 短篇と手紙

以前に散文の理論をここで紹介するためにぱらぱらと読み直したのですが、そうしているうちに、あまりに面白いのでもう一度頭から読み始めました。シクロフスキーは、もっともプリミティブな小説として、冒険譚を挙げ、その構成について説明しています。冒険譚は、モチーフが段階的または螺旋状に展開して、その根底には誤解や秘密が横たわっていると言うのです。これだけだとなんだかよくわからないですけれども、たとえば、私は自分のホームページのエッセイの中で、月の影 影の海〈上〉 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハートの構成について考えたことがあります。これは昔ながらの冒険譚の構成をきちんと踏襲していて、主人公が異界に流され、次第に成長していく様が、モチーフの段階的展開によって語られ、またその根底には、主人公がなぜ異界に連れ去られたのかという秘密が横たわっています。
さてそこで、ロスチャイルドのバイオリンですけれども、これもまた、構成を見ていくと、モチーフが段階的に展開していることがわかります。主人公のヤーコフは、冒頭で気難しい冷淡な男のように描かれ、そして結末では、心の優しい男として描かれ、その変化を段階的に描いているのですね。そして、ヤーコフは冷たい男なのかな、それとも優しい男なのかな、という疑問が、ちょうど冒険譚における宝の在り処や誘拐されたヒロインと同じような働きをしていることに気付きます。
散文の理論を読み、その言葉を、実際の小説に即して理解していくとき、小説を分節化して把握せよ、という大江の言葉もまた、具体的な小説に即して理解できるようです。以前、漠然と本を読んでいたときと比べて、より深く小説を楽しめるようになったと思います。そこで、どの小説の構成の分析でもいいんですけれども、読みやすいチェーホフの短編を推薦しておきます。


小説の基本構成




純文学・随筆/その他 | 【2005-02-09(Wed) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。