FC2ブログ
カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
ロシア・フォルマリズム文学論集1
R.ヤコブソン
ロシア・フォルマリズム文学論集 1 (1)

新しい文学のために」に「ロシア・フォルマリズム論集」(現代思潮社)からの引用があって、これはチェックしとかなくちゃなと思っていたんですよ。で、この本のタイトル見て、これだなと思って買ったんですけど、違うんですね。で、現代思想社のホームページも見たんですけど、どうも「ロシア・フォルマリズム論集」のほうは絶版になってるのでしょうか、目録に見当たりませんでした。
 この本には、ヤコブソンとエイヘンバウムの評論が収録されています。ざっと読んで気になったセンテンスを以下にメモしておきます。

詩人の行う理論づけというものは、屡、論理の裏打ちの欠如を曝け出す(p.35)
数珠つなぎのモチーフとは、ひとつのモチーフが他のモチーフから論理必然的に流出するのではなく、形式の類似性、あるいは対照性、という原理に基づいて、モチーフが相互に結び合わされる場合である(p.56)
イメージ、象徴性は詩的言語と散文の(日常)言語を弁別する特徴ではない(p.234)
文学と風俗・慣習との一般的関係は、御伽噺のモチーフやプロットの特性の説明手段として、ヴェセロフスキー、その他の民族学派の役に立った。シクロフスキーはそれは否定しない、ただ文学的事実としての特性の説明手段としては忌避する(p.238)
芸術の形式は美的必然性によって説明され、現実の生活から借りた外的な動機付けに拠らない(p.244)
芸術は自分自身を隠す(p.281)

スポンサーサイト



評論/ノンフィクション | 【2005-12-25(Sun) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
批評理論入門
広野 由美子
批評理論入門―『フランケンシュタイン』解剖講義

好きなんですねこういう本が。つい買っちゃうんですね。あとがきによると、本書は、ロッジの「小説の技巧」と、「現代批評ケーススタディ」シリーズのヨハンナ・M・スミス編「フランケンシュタイン」を基底としているそうで、それぞれ「小説技法篇」と「批評理論篇」に対応しています。そして京大で行った英米文芸表象論講義のノートをもとにしているそうです。なるほど、手堅い内容という印象です。
ヨハンナ・M・スミスは知りませんが、ロッジの「小説の技巧」は私も以前に読んでおりまして、とても面白かったです。ただ、それぞれの技巧についての短く的を射た説明が、全体としてどうやって統合して、一個の文学となるのかということが謎として残っていました。これはロッジだけじゃなくて、小説の技巧を説明したとする評論家の本のどれを読んでも、村上春樹のここがすごいとか、この表現が芸術だとか言いながら、じゃあそのような小説をただのひとつでも書くことの参考になるかというと、ちっとも参考にならないのは、それぞれ個別の作品の個性や部分的箇所の説明にとどまっているからなんですね。
本書ではそれを補うべく、ひとつのフランケンシュタインという作品に絞って、さらに第二部で主な批評理論を取り上げたのではないかと思います。
そこで、網羅的に並べられた批評理論から、一個の作品の全体性が浮かび上がってきたとまで言えるかどうか……とは言え、大学の講義を元にしただけあって、小説技法と批評理論を通観するのにとても便利な一冊でしょう。

評論/ノンフィクション | 【2005-12-17(Sat) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
パートナー
ジョン グリシャム, John Grisham, 白石 朗
パートナー〈上〉 (新潮文庫)
ジョン グリシャム, John Grisham, 白石 朗
パートナー〈下〉
巻末の解説を読むと、ジョン・グリシャムは「アメリカで今、いちばん多くの人に読まれている作家」だそうです。私は、新幹線や飛行機に乗る前にグリシャムを買います。すらすら読めて退屈しません。
こんなベストセラーを今更紹介するまでもないかもしれませんが、最近長距離移動が続いて、列車内で、そして疲れて帰って風呂に浸かりながら、一気に読んじゃったので、レビューしておきます。
謎が謎を呼び、大金が飛び交い、そしてそして、あっと驚く渋いエンディング。間違いなく面白い。安心して読んでください。

276.技法と逸脱・其の五
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00276.htm

ミステリ/エンタメ | 【2005-12-05(Mon) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル