FC2ブログ
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
アンドロメダ星座まで グレゴリオ・C・ブリヤンテス(新潮2006/04)
 
新潮 2006年 04月号
(宮本靖介・土井一宏 訳)

【完全ネタバレ全あらすじ】
 フィリピンに住む12歳の少年ベンは映画館で映画を見終わり、お金は十分に貯めてあるので、一ヶ月間は毎週末映画を見に来ることができるだろうと思った。映画の内容は、第三次世界大戦で崩壊した地球をロケットで脱出した人たちが、美しい緑に恵まれた第二の地球を発見するまでを描いたものだった。
 ペンは友人のペペと共に映画館を出て、何人かの知り合いに挨拶しつつ宵の口の街を歩いた。広場まで来てベンチに腰を下ろしローラースケートで遊ぶ子供たちを見ていると、友人のチトがやってきた。ベンはさっき見た映画の話をして、星空を見上げ、火星人やら月への移住やらのことを話したが、チトは現実離れしてくだらないと言った。それじゃあチトがマリータにラブレターを出した話をしようとベンは言った。そのことをクラスの女子全員が知ってると言うと、チトは恥ずかしがってベンチから転げ落ち、三人の少年は大笑いして、くすぐりっこして、レスリングごっこして、それから教会の前まで競走した。
 友人たちと別れて歩き出し、発電所の傍の橋の上に立ち夜空を見上げた。川向こうには平野が地平線のかなたまで続き暗闇の中に星が湧き出ていた。ベンは宇宙の果てからの合図のような振動を感じ、自分が無力で小さな存在であると思った。
 帰宅すると、父はまだ帰っておらず、母とドラ叔母とルス姉とフィアンセのチトンが庭にいた。家の中には祖父母の肖像画とポル兄とレイミー義姉と彼女の赤ちゃんがいた。ベンは赤ちゃんに催眠術をかける真似をし、赤ちゃんが粥を吹いた。ベンは再び庭に出て芝生に寝そべった。我が家という入江の中で寝そべっておれば、星空を見上げても安全だとベンは思った。
 宇宙について考えていると、父がシボレーに乗って帰ってきた。甘ったるいガソリンの匂いは、父の葉巻、兄のパイプ、長雨の後の晴れ上がった朝と同じ、ベンの好きな種類のものだった。父と子の深い愛情を込めた儀式として、ベンは父の書類カバンを受け取った。チトンが父に挨拶し、ルス姉を素晴らしい方だと言って帰っていった。お気に入りの椅子に座った父にベンがスリッパを持って行き、夕食が始まった。
 家族の団欒があり、夕食後みなは庭で涼んだ。ベンは流れ星を見て、橋の上で感じた振動の響きが胸に蘇ってきた。それはもはや苦痛ではなく、彼自身と一体化した思想であり、神の存在と同じものになり、恐怖心は去った。父の家の中なら、愛に包まれどのような邪悪なものも手出しできないのだ。
 いつの日か、少年時代の思い出も夢もほとんど色あせてしまった頃に、ベンはまた永遠の名前の反響に似たこの振動音を感じるかもしれないし、この神秘を理解できるようになるかもしれないし、そうはならないかもしれない。ひょっとしたら自分の大罪のために永遠に理解できないかもしれない。しかしそれは今夜ではない。ベンは、父が帰ってきたこと、家族全員が夏の夜長を家で平穏無事に過ごしていること、明日の日曜日には全員揃ってミサに行くこと、そのあと友人と泳ぐことを考えた。そして昼からは、今度は父と一緒にまたあの映画を見よう、と思った。

【感想】
 少年の平穏無事な半日が描かれている。どうやらかなり裕福な家庭であり、大家族である。それをどう考えろと言うのだろう。フィリピンのことはよく知らないが、おそらく多くの貧しい人たちがいる格差社会という印象がある。こんな裕福な家族は珍しいんじゃないか。それについては何も書かれてないので、つまりはそのような話ではないのだろう。とすると、単に金持ち一家を羨ましがれという話なのかな。親子愛とか大家族の楽しさとか何不自由なく暮らす少年とか、あるいはルス姉が、弁護士のフィアンセの言うとおり、素晴らしい方であることとかを、どうだ素晴らしいだろう、と思うべき小説なのか。
 最後まで読むと、この少年は、「少年時代の思い出も夢もほとんど色あせてしまった頃」に何かを理解するかもしれないし、しないかもしれない、そしてそれは今夜ではないとある。ここで読者は、未来のある時点から過去を振り返る視点を提供される。そして、「自分の大罪のために永遠に理解できないかもしれない」という唐突な言葉と、「家族全員が平穏無事に過ごしている」という結末とが対照されてくる。
 つまり、平穏無事ではないかもしれない未来から平穏無事な「今夜」を振り返る視点が読者の中に形成される。これは「なつかしさ」を喚起する技法なのだ。そう言えば、「沖で待つ」を最近読んだのだが、冒頭と結末に幽霊が登場し、幽霊が心残りを解消してこの世から消え去るところが結末になっている。これもまた、幽霊が消えた現在から、新人社員時代をなつかしく振り返る視点を提供するのだ。
 やっぱりこれは、どうだ素晴らしいだろう、と思うべき小説なのだ。ここに書かれてある平穏無事な少年の状態は、滅多にない奇跡的なことであるらしいということが結末で示されたのだ。少年は「父さんが帰ってきた」と何度も繰り返すが、だとすると、この父は滅多に家には帰って来ないのかもしれない。



スポンサーサイト
純文学・随筆/その他 | 【2006-08-12(Sat) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
天の穴 高樹のぶ子(新潮2006/04月号)
 
新潮 2006年 04月号
【完全ネタバレ全あらすじ】
 福岡在住で大学に勤務する豊子はフィリピンマンゴーを落とした老婆のためにそれを拾ってやるが、内心マンゴーは若者のお洒落な高級フルーツであり老婆には似合わないと思った。大阪に単身赴任している夫から今日は帰れないと電話があったが理由を聞きそびれた。
 豊子はつまらない意地を張るタイプで、周囲からは気の強いひねくれ者だと思われていた。台風の日にむしろ残業して、暴風雨の中を車で帰宅途中、人影を見た気がして車を止めると、野球帽を被った少年が立ち上がるのが見えた。車で引いてしまったのかと思い、声を掛け車に乗せ、転んだだけで引いてないことを確認し、家まで送ると言った。しかし豊子は子供が嫌いだった。ついでに、夫も仕事も嫌いで、そんな自分も嫌いだった。豊子はしばらく車を走らせたあとで、名前を言わない少年をコンビニかどこかで降ろそうかと思うが、彼は台風の目を見るため来た、何年も待っていたと哀願するように言った。豊子は退いたら負けだから意地でも行くところまで行ってやると思い直し、少年の指示する方向に車を走らせた。
 少年がここだと言った場所に車を停めて待っていると、台風の目に入り風雨が止んだ。少年が車を降りて出て行き、しばらく待っていたが戻ってこないので後を追った。少年は海岸に立ち、やってきた豊子に台風の目についての薀蓄を語った。年齢を聞くと答えなかった。
 少年は、レイテ島の戦争で死んだと思っていた友人が台風に運ばれて目の穴から落ちてきて、そのあと結婚して二十年も生きたという話を祖父から聞いたと言う。そして今、やはり南の島で死んだ母が落ちてくるのをここで待っていると。
 少年は水辺に入り、台風の目の穴を見つけたと叫び、銀河の話をし、野球帽を脱いだ坊主頭を豊子に触らせる。一部骨がなくてアンドロメダの楕円銀河のようにふにゃふにゃの部分があった。とても触りごごちが良くて豊子は指が離せなくなった。少年は「いい匂いがする」と言い、「言ったとおりになった、台風の目の穴から落ちてきた」と甘えた声で言った。豊子の指からマンゴーのようないい香りがした。豊子は確かに新しい自分が、空の穴から降ってきたような気がした。二人はしばらく辻褄の合わない話をして、手をつないで車に戻った。
 少年を病院の前で降ろした。数日のうちにひどく彼に再開したくなるだろうがそれでも会いに行くことはないだろうと豊子は思った。少年が脳障害患者でありその病の結果の行動であったほうが心が安らぐ、そうではなくて、健常な子供の悪戯か気まぐれなら、生涯立ちなれないような気がする、と豊子は思った。そしてこの全く新しい感情に戸惑いを覚え、自分もどこかに穴が開いてしまったのではないかと思った。

【感想】
 シナリオの定石に、結末の裏を冒頭に持ってくるというのがあるそうだ。結末が仲直りなら冒頭に諍いを、結末に勝利する主人公なら、冒頭に負け犬の主人公を持ってくる。この作品の、冒頭に性格の悪い豊子を出し結末に彼女の精神的再生を持ってくる手口は、教科書どおりの常道だ。
 三島賞選評で「がんばれポー」と言い、中原昌也を罵倒する高樹のぶ子の物語への揺るぎない信頼は、評論家の空理空論ではなくて、このような手堅い実作品によって裏打ちされている。


純文学・随筆/その他 | 【2006-08-06(Sun) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
まーやー 遠藤徹(新潮2006/04月号)
 
新潮 2006年 04月号
【完全ネタバレ全あらすじ】
 灼熱の砂漠で、薙と阿南は、崇拝する天照に「生き延びよ! 生き延びて七面、毛無らと合流し、強羅を倒せ!」と命じられた。巨躯の天照が去った後には、彼の足跡である大きな穴に彼の汗が溜まって、二つの湖ができた。しかしその水は非常に塩辛くて飲めなかった。薙と阿南は大きな岩をひっくり返してその下に隠れている、普段なら決して口にしない奇怪な虫を食べ、日に焼けやせ細りつつ、苦しみながら、かつては川であった場所を、かつて七面が教えてくれた海へ向かった。
 七面は人面疽によって七つ顔があった。彼はかつて強羅の家で働いていた。強羅には幼い少年たちが仕えていて、彼も幼い間は、そして人面疽に冒されるまでは、その一人だった。強羅には摩訶耶という美しく残酷な娘がいて、彼女には赤石という大男の侍従がいて、摩訶耶は赤石に命じて、幼い少年たちを些細なことで死に至るまで痛めつけた。少年たちは、殺した少年の血を啜ってますます妖しく成長する摩訶耶を崇拝にも近い気持ちで恋慕した。
 毛無は、アメーバのようなぐにゃぐにゃした無口な生き物だった。薙と阿南と七面の前に天照が初めて現れたとき、強羅を倒すため共に戦う仲間として紹介された。そして天照は薙と阿南から頼りにしていた七面を毛無と共に連れ去った。薙と阿南は太陽の熱にうなされながら抱き合ったまま海へ向かって転がり続けた。
 七面は失意を感じつつ毛無と共にかつて海であったところを歩いていた。海は干上がり、かつての海の生き物は化け物と化しており、しかし天照の命令に従い生き延びるためには、それら化け物を食わねばならなかった。七面は失意と怒りから毛無を罵倒し殴り続けるが、毛無はまったく痛痒を感じてない様子だった。
 七面は疲れ果て眠り夢を見た。夢の中で、七面は強羅の寵愛を取り戻し、摩訶耶も彼に秋波を送った。七面が土産として差し出した天照の首が料理として出され、七面は驚愕して目を覚ます。七面は夢に見たとおりに天照を裏切りすべてを取り戻そうと決意する。そして海が干上がった今こそ、深い海の底に棲むと言われる魔の元に行き、その力を借りようと思う。
 天照は魔の元に行き、昨夜の夢のお告げどおり自分は殺されるのかと尋ねる。「然り、そして否」と魔は答えた。
 薙と阿南は瑞々しい森に辿りつき、天照の命令も海に行って七面に会うこともどうでもよくなってしまった。その森は人面をした豊かな果実が実り、二人は健康と退屈を取り戻し森に安住した。やがて阿南が子供を生んだ。いつも眠っていて可睡と名づけられた。 天照は遠い所で毛無が死んだことを感知した。天照は毛無が絶命した地へ向かい、変わり果てたわが子、毛無しを撫でてやろうとしたが、その途端、黒い虫が一斉に飛び立ち、天照を刺した。虫によって毛無を殺し、天照も殺す、それは魔に力を借りて七面がしかけたことだった。
 七面は美しい少年に戻り、天照の首を土産に強羅を訪れた。強羅は女性だった。強羅と摩訶耶は彼を誉め、捕虜たちに天照の首を見せた後で残酷な方法で処刑した。天照の首を巨大な鍋で煮込みつつ、強羅は七面をも殺し、鍋に投げ捨てた。魔によって取り戻すことのできた美少年の顔を赤石に剥ぎ取られ、人面疽に冒された醜い七面の体は天照の口の中に落ちた。天照の口が動き出し七面を噛み砕いた。そして食い終わると、天照の首は強羅に元気そうだなと声を掛け、摩訶耶をわが娘と呼んだ。
 強羅と抵抗勢力との闘いは、灼熱の太陽と地下に残された水脈との闘いでもあった。カリスマ指導者天照の死の知らせにより、消沈した抵抗勢力は次々破られ、秘密の地下水脈を襲われ、地下水脈から水を得ていた、薙と阿南が住んでいる森も危機に瀕した。太陽の熱はさらに強く激しくなり、森はからからに乾燥し火事が発生し、薙と阿南は逃げ出した。森の外でうっかり強くなった太陽を見て二人ともめくらになってしまった。二人はどうしていいかわからず、昔みたいに抱き合って(可睡を腹に挟んで)ころころ転がり始めた。すると記憶が蘇って、海へ行って七面に会って、強羅を倒すんだと思った。
 強羅と摩訶耶は嫌がる忠臣の赤石の首を落とし、その体を夫の天照に与えた。天照は体を取り戻したが、毛無を連れてこの家を出たときからの記憶をなくしていた。強羅は、天照が、天照と摩訶耶との不義の子供である奇形の毛無を捨てに行くとき、毛無の夢に捕らわれてしまったのだと言う。毛無は自分を捨てる天照を恨み、天照と強羅が争い、太陽が二つに割れ落ちて大地に向かって降りていくという夢をみて、現にそのような事態を引き起こした。しかし毛無は途中から七面に夢を乗っ取られ、七面は自分の夢の通り強羅の家に戻ってきたが、そのことを予め魔から聞き及んでいた強羅たちは、七面の裏をかいて彼を殺したのだという。
 しかし、七面を殺しても太陽の熱は強まり続けた。誰かが毛無と七面の夢を引き継ぎ、この世に破滅をもたらそうとしているようだと強羅は言う。天照は、薙と阿南が夢を引き継いでいると気付くが時すでに遅く、まずは熱に弱い摩訶耶が倒れて溶け始め、続いてあたりの美少年たちも強羅も天照も溶け始めた。
 薙と阿南は転がるうちに焼け焦げた肉の塊になり、岩の下に隠れた虫たちの餌になったが、その肉の塊に挟まれて、可睡がすやすやと眠っていた。その子が今ようやく目を覚まそうとしている。その唇が動いた、まーやー、と。

【感想】
 長々要約してご苦労なことだと思われるかもしれないが、私は私のためにやってるので気にしてくれなくていいですよ。むしろこの私独自の要約を真に受けて、こんな小説なのかとあなたが思い込んでしまったとしたら心配だ。いや、こんな小説なんですけどね。
 これはやはり、なんだかんだ、いわゆる説話論的物語というやつじゃないですか。頼りになる兄貴分と見えた七面が天照を裏切り、抵抗勢力のカリスマと信じられていた天照が実は強羅の夫であり、毛無は自分を捨てた父母を恨み、といったストーリーの起伏は、面白いし意外性もあるし、でもそれは神話とかファンタジーとかで繰り返されてきた定型であるところの「意外性」ですね。
 神話のパロディが現代文学足りうるためには、神話的物語のプロットから現代文学すなわち小説への跳躍がなければならず、神話的予定調和にとどまっているこの作品をそもそもパロディとは言えず、目新しい表現やモチーフをいくら入れ込んだところで、できのいいエピゴーネン以上のものではないでしょう。
 あれ? なんだか、面白く読んだ割には辛口の感想になってしまいました。批評家の悪い影響を受けてしまったようです。実際のところ、要約では書き落とした、奇怪な虫たちの描写や、人面果実について薙と阿南が言い合うあたりなど、十分に面白かったです。


純文学・随筆/その他 | 【2006-08-01(Tue) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。