FC2ブログ
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
スラン
A.E.ヴァン・ヴォクト, 浅倉 久志
スラン (ハヤカワ文庫 SF 234)

24 twenty four のキモを掴む・其の六
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00340.htm

スポンサーサイト
索引 | 【2007-12-31(Mon) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
銀河帝国の興亡
銀河帝国の興亡 1 風雲編 (1) (創元推理文庫 604-1)銀河帝国の興亡 1 風雲編 (1) (創元推理文庫 604-1)
(1968/03)
アイザック・アシモフ

商品詳細を見る

58.分節を構成する要素・其の一
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00058.htm



索引 | 【2007-12-31(Mon) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
飛ぶ教室
エーリヒ ケストナー, Erich K¨asthner, 若松 宣子, フジモト マサル
飛ぶ教室 (偕成社文庫)
58.分節を構成する要素・其の一
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00058.htm

索引 | 【2007-12-31(Mon) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
アーサー・ランサム全集
アーサー・ランサム全集 全12巻アーサー・ランサム全集 全12巻
(2005/01/21)
アーサー・ランサム

商品詳細を見る

58.分節を構成する要素・其の一
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00058.htm
412.風の惑星を長編化する・其の四
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00412.htm


索引 | 【2007-12-31(Mon) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ドリトル先生航海記
ヒュー・ロフティング, 井伏 鱒二
ドリトル先生航海記 (岩波少年文庫 (022))
60.分節を構成する要素・其の三
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00060.htm

索引 | 【2007-12-31(Mon) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
不思議の国のアリス
ルイス・キャロル, 高橋 宏, Lewis Carroll
不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)
60.分節を構成する要素・其の三
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00060.htm

索引 | 【2007-12-31(Mon) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
びりっかすの子ねこ
マインダート=ディヤング, ジム=マクマラン, 中村 妙子
びりっかすの子ねこ (世界のどうわ傑作選 (5))
60.分節を構成する要素・其の三
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00060.htm

索引 | 【2007-12-31(Mon) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
物語のディスクール

物語のディスクール―方法論の試み (叢書記号学的実践 (2))物語のディスクール―方法論の試み (叢書記号学的実践 (2))
(1985/09)
ジェラール・ジュネット

商品詳細を見る


 のっけから「後説法、先説法」という言葉が出てきて、それぞれ、現在の語りの間に過去の話をはさみこんだ部分を後説法、未来の話をはさみこんだ部分を先説法と呼ぶんですが、わかりにくいですね。日本語の場合、「先の話」というと未来のことですが、「後の話」と言ってもやっぱり未来のことなんですね。過去は「前の話」です。でも「後ろを振り返らない」場合の後ろは過去で「前に進む」場合の前は未来です。フランス語でどう表記するのであれ、時間的順序を表すのに日本語で「後-先」という漢字をセットで使うのは混乱を招くだけです。それぞれ「回顧法、予見法」と訳すことをここで提案したいですね。回顧法(後説法)というのは、主人公がしんみり過去を回想したりするようなことだし、予見法(先説法)というのは、「彼女はこの後、大きな危険に遭遇することを知る由もなかった」みたいなのですね。
 次に、描写のスピードについて、また独特な造語が出てきます。その前に、そもそも描写のスピードとは何か。いや、さらにその前に、物語言説について説明しますと、だいたいプロットの意味で、プロットは回顧法や予見法によって時系列がぐちゃぐちゃになってます(錯時法)が、物語内容はプロットを時系列順に並べなおしたものであり、本来のストーリーとして仮定できるものです。(そもそもフィクションなんだから本来のストーリーというのは仮定でしかありませんが)そこで、ジュネットは、物語内容と物語言説のスピードを比較すると言うんですけれども、一番わかりやすいのが、カギ括弧で括った会話が続くシーンですね。このような場合、話すスピードと読むスピードが同じという意味ではなくて、Aさんが少し話して、Bさんがたくさん話して、Cさんがさらにたくさん話した場合、それと同じ割合で文章が続くわけですね。戯曲に近いような描写のことです。これをジュネットは、情景法と呼びます。それに対して、Cさんは概ねこんなことを言いました、みたいに間接話法で要約して書くと、物語言説の側の割合が変化し、Cさんの描写が短くて済むから、それをジュネットは、語りのスピードが速くなった、と言うわけです。たとえば「彼女が死んでから二十年というもの、彼はひとことも口を利かなかった」だと、二十年が一行で済みますね。そのような描写を、要約法と呼びます。さらにジュネットは、スピードに関してあと二つの描写方法を定義します。ひとつは、休止法で、物語内容の時間は少しも経過していないのに、情景描写や付帯情報を長々書き込んで、描写の嵩を増す方法です。サスペンスなんかで、ヒロインが夜の闇を見回して、一瞬後に怪物が登場するまでに、延々と辺りの情景とか彼女の心理とかを描写するようなことでしょう。もうひとつは、省略法で、ひとつの事件の顛末を描いた後で、その次の行に「それから二十年後、彼は……」と書き出して、二十年間の経緯をそっくり省略してしまうようなやりかたですね。
 ではプルーストの「失われた時を求めて」(この本は「失われた時を求めて」の分析がテーマです)ではどうかというと、要約法も休止法もほとんど使用されてないそうです。まずプルーストは、延々と情景を描写して、要約法が非常に少ないのが特徴だそうです。そして情景描写というのも、実は主人公の内面心理の絶え間ない微細な変化を描写していることが多く、物語言説で延々と心理描写をしているときは、物語内容においても主人公が物思いにふけってじっと動かずにいるので、この二つの間にスピードの差が生じてないんですね。だからこれを物語内容の進展と比較して物語言説ばかり嵩が増えている休止法と呼ぶことはできないとジュネットは言うんです。また、プルーストにおける情景法は、ドラマティックな盛り上がりではなく、「回顧、予想、括複的・描写的な挿話、情報提供を目的とした語り手の介入などの、あらゆる種類の逸脱でふくれあがり、隙間なくふさがる」(p.123)ものだそうです。
 さて「括複」ってのは、見慣れない言葉で読み方もわかりませんが、ジュネットによると、頻度に関する用語です。頻度とは、物語内容としては、「あの日、私は早寝した」というふうに一回ぽっきりのできごとがあり、また「月曜、私は早寝した、火曜、私は早寝した、水曜、私は早寝した……」というふうに同じ「早寝」というエピソードが繰り返し起こることがありえます。対して、それを描写する物語言説としては、一回きりのできごとを一回だけ触れることもできるし、物語中で何度も思い返して触れることができるし、逆に「私は今週ずっと早寝した」というふうに一回きりまとめて触れるということもできます。複数のエピソードをその共通点に注目して一括してまとめて一度に触れるのが、括複法です。
 プルーストの特徴は、単起的な情景描写の中に括複法が侵食してくることだそうです。ジュネットはこのような単起法と括複法の混淆を、「語りの破格」であり「括複法の陶酔」だと言います。
例を挙げると、「『花咲く乙女たち』のあるページでは、オデットの「水曜日」が巡ってくるそのたびごとに主人公は、「ヴァルデュラン夫人を、一挙に、しかも最初から征服」したことが、コタール夫人の口からわれわれに知らされるのである。こうしてみると、この征服するという行為にはその本性とはまったく相容れぬはずの反復と更新の能力が備わっているとでも考えない限り、辻褄が合わないことになる。(p.141)
……プルーストは、物語の時間性の諸形態をそれらの演劇的な機能から解き放ち、かくしてこれらの諸形態に自立的な作用を促すと同時に、彼自身フローベールについて語っているように、それらの諸形態を、音楽と化すことを望んだのであった。(p.178)
 フランス語では、単なる過去と習慣的な過去で動詞がはっきりと違うようです。プルーストは単起的過去の叙述に習慣的な過去を表す叙法を多用することによって美的価値を高めようとした、ということのようです。
 解釈の根底に文法があるのですね。叙法や態から文の構造を見るのにならって、焦点化や時間的順序から小説の構造を見ようという試みですね。
 独特な造語の羅列が読みづらくて、技法の目的については非常に寡黙であって、そこが退屈で、読了までに非常に時間がかかりました。けれどもジュネットの造語はしばしば目にする機会がありますし、今まではその度にどういう意味かわからず読み飛ばしていましたが、ようやくこの本を読了したためにそのような不安が解消できました。読んでよかったと思います。


275.技法と逸脱・其の四
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00275.htm

評論/ノンフィクション | 【2007-12-15(Sat) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
トゥルー・コーリング
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・ボックス1
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・ボックス2
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・ボックス3

337. 24 twenty four のキモを掴む・其の三
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00337.htm


索引 | 【2007-12-07(Fri) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。