FC2ブログ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
かわいい女
かわいい女 (創元推理文庫 131-2)かわいい女 (創元推理文庫 131-2)
(1959/06)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る

これもいつ買ったのか忘れたまま読んでませんでした。
巻末の解説を読むと、出た当初は新しい趣向だったらしくて、ミステリのアンチテーゼであるハードボイルドと書いてありましたが、読んでみると、ラストで人物関係の構図が二転三転して新しい観点が出てくるところとか、ごく普通にミステリだという感想を持ちました。昔に比べてミステリというジャンルが発展・拡大しているということでしょうか。

ハードボイルドのはずなんですが、私立探偵の一人称で語られ、主人公が自分の感情を吐露する場面もあります。また、後頭部を殴られて気絶したり、ハリウッド女優と交際したり、依頼人の若い女性を突然抱きしめてキスしたり、それを依頼人が別に怒りもしなかったりするところがミステリとしてちょっと変わってますかね。(笑)

あと、容疑者や参考人に会いに行くと、そこに秘書とか女優の卵とかがいて、ストーリーとはまるで無関係な端役なんですが、その容姿とか髪の色とか体型とかについて、必ず描写があります。
脚がきれいだとか。

やはり男性向けにあったほうがいい描写なんでしょうか。参考にしたいと思います。

スポンサーサイト



ミステリ/エンタメ | 【2009-05-30(Sat) 10:34:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ペット・セマタリー
ペット・セマタリー〈上〉 (文春文庫)ペット・セマタリー〈上〉 (文春文庫)
(1989/08)
スティーヴン キングStephen King

商品詳細を見る

ペット・セマタリー〈下〉 (文春文庫)ペット・セマタリー〈下〉 (文春文庫)
(1989/08)
スティーヴン キングStephen King

商品詳細を見る

414.風の惑星を長編化する・其の六
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00414.htm


索引 | 【2009-05-29(Fri) 15:30:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
引き裂かれたカーテン
引き裂かれたカーテン (ユニバーサル・セレクション2008年第5弾) 【初回生産限定】 [DVD]引き裂かれたカーテン (ユニバーサル・セレクション2008年第5弾) 【初回生産限定】 [DVD]
(2008/05/15)
ポール・ニューマン.ジュリー・アンドリュース.リラ・ケドロヴァ.ハンショルク・フェルミ.タマラ・トゥマノーヴァ.ヴォルフガング・キーリング

商品詳細を見る

413.風の惑星を長編化する・其の五
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00413.htm

索引 | 【2009-05-23(Sat) 15:15:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
モース警部、最大の事件
モース警部、最大の事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫)モース警部、最大の事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1999/12)
コリン デクスター

商品詳細を見る

しばらく前から、本棚に置いたまま未読の本をピックアップして読むという作業をしているんですが、この本もどういうわけか最後の一編だけ読まずに置いてあったんです。

そして最後の一編を読んで、ああ、これでデクスターの短編すべてを読み終わったのだと気付いて、はらはらと涙がこぼれてきた次第です。

そうだ、深層心理がそれを拒んで無意識のうちに読まなかったのか――まさかそんなこともないでしょうが、デクスターってなんでこんなに寡作なんでしょうか。もうかなり高齢だろうし新作の出る可能性、まったくないんでしょうね。

短編ではユーモアが前面に出て、古き良き時代の探偵小説の趣があって、とてもよかったです。
ドラマ化されてるそうですが、原作によらない脚本もあるのかしらん。

とにかく、アマゾンでもノーイメージだし、寂しくてたまりません。

ミステリ/エンタメ | 【2009-05-10(Sun) 20:58:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
タウ・ゼロ
タウ・ゼロ (創元SF文庫)タウ・ゼロ (創元SF文庫)
(1992/02)
ポール アンダースン

商品詳細を見る

巻末の解説がやたら熱いんですよ。
まずは、この作品がハードSFの金字塔だと誰もが言っている、という訳者による思い入れたっぷりのあとがきがあって、そのあとにさらにサイエンス・ライターによる長い解説があるんですが、その冒頭がこうです。

1.若干の思い入れについて

感無量、とはこの事だろうか。

いやあ、熱いですな。いつもはそんなことしないんですが、解説のほうを先に読んでしまいました。すると、クライマックスでどのように危機を乗り越えるかの科学的説明が書いてありまして、つまりネタバレってことなんですが、そこのところの科学的な理解がないと、なぜクライマックスで危機を乗り越えたのかわからないので、この本に限っては先に解説を読むという手もありかもしれません。

白状すると、解説を読んでも本当はよくわからなかったんですが。

でもだいたい理解した範囲でメモしておきますと、亜光速で飛行できる宇宙船の減速装置が故障して、加速し続けるしかなくなったんですが、なんでも光速に近付くにつれ、時間の流れ方がゆっくりになるそうなんですね。だから、船内では数年しか経ってないのに、宇宙ではええっと、どれくらいだっけ? 単位は忘れましたが、宇宙が膨張しつくして死んでしまう遠い未来まで行ってしまうってことですね。

先日、トランスフォーマーを紹介したときに、子供は本能的に世相を読んでいると書きましたが、そういうことで言えば、このSFが描かれた当時、科学、特に物理学が世界の謎をすべて解き明かすというような熱狂が世界を覆っていた――そんな時代があったと思います。そしてそんな時代をリアルタイムで体験した世代は、宇宙とかビッグバンとか恒星間宇宙船と聞いただけで、鼻血出るほど嬉しくなっちゃうわけなのです。

ストーリー自体はシンプルで、一本調子にエスカレーションしていきます。人物造形もさほど深みはありません。そして、いまや、SF的なるものは、新奇な小説のモチーフの運命が常にそうであるように、ストーリーをおもしろくするガジェットに成り下がってますが、そうではなくて、この作品は、SFというモチーフ自体が光り輝いていた時代の、まさに金字塔なのでしょう。

SF/ファンタジー/ホラー | 【2009-05-10(Sun) 10:15:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
海のトリトン
海のトリトン (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)海のトリトン (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)
(1994/10)
手塚 治虫

商品詳細を見る

海のトリトン (2) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)海のトリトン (2) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)
(1994/10)
手塚 治虫

商品詳細を見る

海のトリトン (3) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)海のトリトン (3) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)
(1994/10)
手塚 治虫

商品詳細を見る

411.風の惑星を長編化する・其の三
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00411.htm

索引 | 【2009-05-08(Fri) 14:00:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
トランスフォーマー
トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/07/04)
シャイア・ラブーフミーガン・フォックス

商品詳細を見る

いまさら見てみるシリーズ!

昔は、男の子は兵隊ごっこをし、女の子はままごと遊びをやっていたわけですが、子供がごっこ遊びをするのは、大人になるために必要なスキルを学び、生物として生き延びるためであり、死活的に重要で本能的なことなんだと思います。

時代によって子供が何に興味を持つかは変わってくるはずで、だから子供って大人が考えている以上に世相に敏感だと思うんですよ。

かつて任天堂のファミリーコンピュータがバカ売れして、今はDSとかWiiとか。そうゆうのも、コンピュータ時代になって、オフィスでも家庭でもパソコンが普通に使われるようになることに先立って起こってますね。ドラゴンクエストなどのロールプレイングゲームで、道具やら魔法やらのウィンドウが開いて操作していくやり方が、ウィンドウズの操作方法と似ているとどこかで誰かが言ってました。だからファミコンを操作することは大人になって仕事でパソコンを使うときのロールプレイになっていたんですね。そういうのは、子供は直感的にわかるんだと思います。

鉄道マニアって、40歳以上の人に多いような気がしますが、鉄道が全盛だったころに子供時代を過ごしたことと関係があるんじゃないでしょうか。モータリゼーション以後、自動車の玩具をほしがる子供が増えた――調べたわけじゃありませんが、きっとそうだと思います。

トランスフォーマーというのは、タカラトミーの変形ロボット玩具というものだそうで、ロボットを自動車などに変形させることができる玩具らしいです。

これは、メカ好き自動車好きの男の子の本能を直撃する玩具ですね!

買ってくれと駄々をこねる子供たちの姿が目に浮かぶようです。

そんなロボットの玩具をモチーフにした映画、とてもきちんと丁寧に作られていて感心しました。

ところで、映画評論家の町山智浩が、あるマンガ原作の日本映画がつまらないのは、監督にマンガへの愛情が欠けているからだと激しく憤ってました(アメリカ映画特電 第80回の20分40秒ごろ)が、確かに思い当たる駄作映画がいくつかありますねえ。

その点、トランスフォーマーは、ただの玩具である変形ロボットというアイデアへのリスペクトや愛情を感じました。

なにごとも、愛が大事ですね。

cf.
第80回 『モンスターVSエイリアン』で怪獣好きのお父さんも大喜び
http://www.enterjam.com/tokuden/tokuden080.mp3
町山智浩のアメリカ映画特電
http://www.enterjam.com/tokuden.html



映画/ドラマ/アニメ・マンガ | 【2009-05-06(Wed) 22:10:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
叛乱
スター・トレック 叛乱 [DVD]スター・トレック 叛乱 [DVD]
(2007/10/26)
ジョナサン・フレイクスパトリック・スチュワート

商品詳細を見る

410.風の惑星を長編化する・其の二
http://juji.hp.infoseek.co.jp/text/howto00410.htm

索引 | 【2009-05-02(Sat) 16:10:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル