FC2ブログ
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
小説の基本構成 01
加筆・改稿の上、以下に移転しました。

小説の基本構成




スポンサーサイト
小説の基本構成 | 【2009-08-30(Sun) 13:52:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
酒井法子を全力で擁護する

http://www.youtube.com/watch?v=1VmS02vcSto

麻薬だけが特別にゼロサムなわけないだろ、勝谷。

てゆうか、ブッシュだかクリントンだかだってマリファナやったそうじゃないか、立派に更生してるじゃないか。

酒も賭博も、パチンコに夢中になって子供を殺す親も自己責任なんだから、マリファナくらい解禁すればいいと思う。

副作用のない薬なんかないんだから、覚醒剤も医師の処方とか薬局でしか買えないとかにすればよいと思う。

博打で身代潰しても酒で家庭をめちゃくちゃにしても、すべて自己責任であり、麻薬もまたまったく同じ意味でそうである。

ところが、いつの時代も、政治的理由で犯罪かそうでないかが決まってきた。

酒ですべてを失った人はごまんといる。タバコで死んだ人も数知れない。酒やタバコは無制限に売って、パチンコも賭博でなくて、競輪競馬は公営で、のりぴーだけ立件するのはフェアじゃない。

さらに、他の麻薬常習者に比べて、彼女だけが特に悪質だったわけでもない。なにより、アイドルの表の顔に隠れて麻薬に手を出したという報道は誤りだ。

彼女が、アイドルとしての自覚を持ち、そのイメージに自縛され、それを守ろうとした延長線上に、証拠隠滅を図りウソをついて逃げ回った今回の悲しい逃亡劇がある。

彼女は本当の自分をありのままに認めて開き直れなかっただけだ。

それがウソであり罪だというなら世俗の輪廻の中にあるわれわれ凡夫全員が罪である。

他人の目に忠実であろうとして苦しんだ結果がこのようなドタバタ劇になってしまったのであって、決してその逆ではない。

たとえば、未婚女性は、社会的慣習の呪縛から、恋人に、処女であると言ってよい。

そしてそれはまったくウソではない。

最愛の男性の前で、彼女は常に処女である。

同じく、のりぴーは永遠に無罪!


時事/ブログ観察 | 【2009-08-28(Fri) 13:09:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
阿含経典 第二回
阿含経典〈第1巻〉 (1979年)阿含経典〈第1巻〉 (1979年)
(1979/03)
増谷 文雄

商品詳細を見る


むかしむかし。50002500年くらい前のことだった。

インドで仏陀が死んだとき、長老格のマハー・カッサパは、仏陀の教えを後代に正しく伝えるべく行動を起こすことにしたそうな。

このカッサパってのは、殊更薄汚い法衣を着て、無類の修行好きで、説教は仏陀に任せて、いつもどっかの岩窟にこもって瞑想ばっかしていたそうだが、さすがに仏陀が死んじゃうと、若い弟子たちをなんとかまとめにゃならんと思ったらしい。

「友だちよ、われらはよろしく、教法と戒律を結集して、非法おこりて正法おとろえ、非律おこりて正律おとろえ、非法を説くもの強く、正法を説くもの弱く、非律を説くもの強く、正律を説くもの弱くならんときに先んじようではないか」(p.11 阿含経典 第一巻、増谷文雄、筑摩書房、1979)


結集というのは、みんなでお経を合唱して覚える集会のことである。グーテンベルク以前の時代なので、とにかく丸暗記して口承で記録を残そうというわけである。

まず、マハー・カッサパによって選ばれた五百人の比丘たちは、ぞくぞくとマガダの都ラージャガハに集まってきた。そして、集会は、場外のヴェーパーラ山腹の精舎においておこなわれた。(p.11 同上)


今でも自然豊かなイメージあるのに、2500年前のインドですよ。

緑豊かな山腹の精舎、「精舎」って、祇園精舎ぐらいしか使わない漢字だよね。辞書で引くと、お寺のことだそうだけど、なんかいにしえなロマンティックな感じ、しますね。そこへ五百人大結集ですよ。

なんだろ。

野外ライブみたいな感じで盛り上がったんじゃなかろうか。(つづく)


評論/ノンフィクション | 【2009-08-16(Sun) 09:34:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
阿含経典
阿含経典〈第1巻〉 (1979年)阿含経典〈第1巻〉 (1979年)
(1979/03)
増谷 文雄

商品詳細を見る

増谷文雄がどんな人か知らない。

howto本を探す気軽さで氏の「現代仏教入門」を読んで、意外とおもしろかったので買ってみた。

いつかなあ。二十年くらい前ですね。

あらためて冒頭を読み返してみるすべてが手遅れになった2009年お盆であった。

アマゾンで見ると、中古で\301-\5000の幅広い値段がついている。別にコレクター商品で、なにが違うのか知らないが、\6,600-\21000の値段。

そんなわけで、読者になんの保証&補償もしない個人ブログの書き捨て記事なので、メディアリテラシーを持って読む責任が、あなたの側にあるわけだが、まあ、初期仏教の話は一応聞いておきたいじゃないか。

増谷君によると、後期仏教は大量の注釈とか解釈とかがついて、それがより進歩的な仏教だってことで初期の仏教文献を省みない弊害が続き、けれども仏陀の生声は初期文献にこそあるので、そうであるところの「阿含経典」を増谷君が最初に訳出したので価値があるという。

この冒頭の解説を読むに、「阿含経典」とは、

「仏教ってみんなが思ってるのは後代の創作。本当の本物は仏陀の声を直接記録したこれ、権威が認めてこなかった阿含経典ですよ。今ならタッタの\2000円ポッキリ!」

だそうだ。でもこれの初版が1979年なので、その後の研究によって、「増谷の阿含経典は大ウソ! 仏教の真髄はこっち!!」みたいな本がその後20年の間に発売されてるかもしれないしそれはトレースしてないので知らない。

それでも仏陀の生声と酒井法子の採尿検査流出ビデオはどうしても見ておきたいので、騙されてるのではと思いつつ「次へ」をクリックしてしまう朝野十字であった。(つづく)

評論/ノンフィクション | 【2009-08-14(Fri) 20:47:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
前途多難なモバイル化
この辺りを見て、
【モバイル向けサイト制作】今から始める携帯サイト制作
http://thinkit.jp/article/629/1/

自分のサイトを完全モバイル対応にしようと思いついた。

でも始めてみるとなかなかやっかいだ。

i-modeでcssを認識させるためには、インラインのみで書いて、ファイルの先頭でxml宣言して、さらにヘッダーでMIMEタイプをxmlで出力しないといけないらしい。

しかしおれが利用しているISWEB Liteは.htaccessが使えない。静的htmlは自動でhtmlのヘッダーが出るようだ。cgiを使えばヘッダーからxml宣言できるんだが、いかんせんISWEB Liteはcgiを外部から呼び出せない。だからリンクを貼ってもらうことを考えると、なるべく静的ファイルにしておきたいんだよね。

i-modeも2.0だと細かいこと言わずにcssを認識してくれるようだし、じゃー大方のi-moodeは切捨てってことで。

よく読んでみると、上記サイトでxml mobile準拠を推奨しているのはi-modeでcssを使うためで、それを切り捨てるということはxmlに準拠する意味もなくなるということのような気がする。

そもそもISWEB Liteでヘッダーで拡張子がhtmlは自動的にhtml宣言強制なところを、ファイル内ののmeta http-equivでxml宣言しても無駄っていうか推奨されないっていうかたぶん間違いなんだと思うけど、でもまあ、上記サイトのサンプルを丸写ししただけなのでよくわからないし、xmlに準拠してチェッカーなんぞで確認するとうじゃうじゃエラーが出て、それは大方無視するにしても、タグの閉め忘れとか指摘してくれるのはよいと思う。

auのシミュレータは公開中止だしsoftbankは会員登録が必要だし面倒なのでスルー。

それより問題なのは、ISWEBは携帯からアクセスすると自動的に認識して広告を大きな画像ではなくて短いテキストに切り替えてくれるのだが、iphoneについては携帯扱いにならず、横幅728pxの広告画像が表示されてしまう。

それのどこが問題かというと、iphoneはページの横幅に合わせて自動で画面全体を表示できるよう縮小するので、横幅728pxで表示されるのだが、そうすると文字の折り返しも728pxに合わせて行われるので、一行の文字数が多くなり、一文字の大きさが小さくなって読みづらい。

もちろんピンチアウトすればいいのだが、その一手間がいやだというだけでなく、横幅728pxのまま拡大され、右側の文字が画面外に出てしまい、そこを読むために横スクロールしなければならない。

要するに、現在のiphoneの横幅は320pxなので、それに合わせて文章を折り返ししてほしいのだ。そうすれば一文字の大きさも自動的に十分読める大きさに調整されるのだ。

文章を<div>で囲ってcssで横幅を320pxにするとどうなるか。

広告画像の728pxのほうが大きいのでそれに合わせて画面が縮小され、文章は横幅が半分に縮小表示されてしまう。もちろんそこで文章をダブルタップすればちょうどいい大きさに拡大され折り返されるのだが、その一手間がうざいのだ。

<body>全体を320pxにしても、metaタグで<meta name = "viewport" content = "width = device-width" />と宣言しても結果は同じだ。

いろいろ試行錯誤するうち、ISWEB HELPのこんな記述を見つけた。
※SSI(.shtml) を利用したコンテンツには広告表示タグは自動挿入されなくなります。
バナーが表示されない場合は以下のタグを使って手動でバナーを表示させてください。
・Webページ用
(略)
・iモードページ用
(略)
iフォルダ内のshtmlにのみご利用ください。それ以外にご利用の場合は
正しく広告が表示されていないとみなし、違反削除の対象となりますのでご注意ください。
http://isweb.www.infoseek.co.jp/info/iw_spec.html

iフォルダを作っても別段i-mode対応に自動変換してくれるわけでもなくi-mode公式サイトに登録してくれるわけでもなくて、単に携帯向け広告の使用とssiの使用を一定以下に制約するということのようだ。でもまあi-mode向けページとして作って、しかしi-modeのcssには対応せず、それをiphoneで見たって規約違反ではないだろう。

というわけで、朝野十字のコンテンツはすべてhttp://juji.hp.infoseek.co.jp/i/の下に移行し基本shtmlを使用することにした。

これでiphoneで表示したとき最適の横幅に自動変換される。めでたし、めでたし。

移行完了までどれくらいかかるかわからない。移行中、旧コンテンツはそのままにしておけばよかったんだけど、なんとなくすべて削除してしまった。

というわけで、いますぐ朝野十字の旧ホームページを見たい人は、グーグルキャッシュでも利用してください。

また、iフォルダ以下がi-mode向けページというのは表向きで、たぶんたいていのドコモではcssが機能しないし絵文字も全然使う気ないのでそのへんご了承ください。

てゆうかiphoneに乗り換えないあなたの側の問題だ。

Iphone | 【2009-08-14(Fri) 01:51:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
AppStoreを試す
AppStoreで無料ゲームを検索すると、数百くらいしかでてこない。WEBでほぼ無尽蔵の無料ゲームを体験していると、やっぱ少ない感覚がする。

しかもiphoneは、javaもflashも禁止。

iPhoneが売れたのはこういう囲い込みではなくて、優秀なUIで制約のほとんどないブラウジングが可能なところがうけたのだ。

日本向けだからなおさら品数が少ないのだろうがAppStoreにはがっかりした。

以上で終わりのつもりだったが、ついFTP on the Go を買ってしまった...!

負けたーー
20090801004148


Iphone | 【2009-08-01(Sat) 00:59:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。