FC2ブログ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
【コミPo!】キツイ

http://youtu.be/BDxv4OJpwBs

週末劇団 美保ちゃんと要ちゃんが、玉置浩二「キ・ツ・イ」の替歌に挑戦!




スポンサーサイト



演芸/演劇/ライブ | 【2011-07-31(Sun) 13:39:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
東電処理への大きな一歩~河野太郎公式ブログ [2011年07月22日 22:25]
東京電力福島第一原発事故に関する賠償スキームの法案の修正協議が与野党間でまとまった。

とりあえず政府案をベースとして、新機構を作るスキームだが、自民党からの修正要求がかなり盛り込まれた。

一番大きいのは、東京電力を債務超過にしないとうたった閣議決定を事実上、取り消したことだ。この法案が成立することによって、あの閣議決定は意味を失うというをはっきりさせ、東京電力が債務超過になることがあり得るということを認めさせた。

純資産が1兆6千億円程度だから、そうなれば債務超過は早晩、避けられない。

それに伴い、今回のスキームそのものをなるべく早く見直すということが盛り込まれる。我々が当初主張していた即時法的破綻処理ではなく、二段階方式ではあるが、東電を破綻処理して出直しをさせる、つまり、長期間債務の返済だけをやるゾンビ企業にはしないということが確認された。

東電以外の電力会社と今回の賠償を分断することも確認された。

仮払いも盛り込まれ、被災者に対する早期の賠償支払いも実現していくことになるだろう。

菅内閣が財務省主導でねじ曲げようとした賠償スキームが、正常化に向けて大きな一歩を踏み出すことになる。
http://www.taro.org/2011/07/post-1057.php

日本の地上波のテレビ局は電力会社とそっくりだ。原子炉などで集中的に大量に電気を作ってそれを長い送電線を使って全国に均一に運ぶのと同じく、東京のキー局が決めた番組が系列局を経て全国に放送される。NHKはテレビを持ってる家庭から強制的に受信料を徴収しているが、この方式を電力会社方式と呼べばいいと思う。このようなやりかたが袋小路に入り衰退してくさまを私たちは今目の当たりにしているのだろう。何年も前に、広告費のコストパフォーマンスを検討したトヨタが、広告の主力をテレビCMからネット広告にシフトしたというニュースを目にして心に残っている。ドラマ・24が日本でも大人気で、その根拠がテレビ視聴率では全然なくて、ビデオレンタルの売り上げだと知ったときも驚いた。最近民放の19時台の視聴率がすべてヒトケタになったというニュースを見た。

広告収入が減少し続けるテレビ局の最後の大広告主が東京電力だったというのは、皮肉と言うよりむしろ理に落ちている。テレビ局の運命を決めるのは広告収入で、おそらくトヨタが決断したように、テレビ局を使った広告のやり方がもう効かなくなっている時代なんだろう。だから広告の必要のない独占企業である東京電力が、マスコミを懐柔し国民をだます手立てとして使うほか使いでがなかったということなんだろう。

東電と共に東京の民放もつるべ落としで沈んでいく。広告収入が回復する見込みがまったくないから。だからこのビジネスモデルはもうだめだ。地デジはこの古いビジネスモデルのままだからやっぱりだめなままだ。だからテレビ黄金期を知っている世代からするとにわかには信じがたいが、論理的に詰めていくと今までのような地上波テレビはある日ふと気付くと消えてなくなっているだろう。しかもそれはすごく近い未来だ。東京で中央集権的に番組を作り全国にばら撒き、高度成長期の企業を惹きつけて莫大な広告収入をかきあつめ、それをふんだんに投資して娯楽を提供するというシステムが、街頭テレビから始まって昭和時代、あまりにも成功してしまった。だからその根本の広告収入が途切れた途端に、日本の地上波テレビという大恐竜はあっという間に絶滅してしまうだろう。

今、地上波テレビ局は、ちょうど東電の写し絵のように、放送網と番組制作(これも東電と同じように下請けに投げてるわけだが)を独占してる。だから、ポスト・東電が発送分離であるように、ポスト・地上波テレビも、電波の解放と自由な参入ということになる。スマートグリッドな放送の未来は、地方のニュースが地方から直接視聴者に届けられ、それを視聴者が自由に取捨選択できるというものになるだろう。

そこでふと思い出すのが「蟻の惑星」。これ、明らかに発送分離がテーマなんだよね。全編東電を批判する暗喩に満ちてる。これを2004年に書いた作者は天才だなあ。書いたときはまったく意識してなかったけど。そこが天才だね! そう言えば、手塚治虫のブラックジャックの中で放射能をネタにした話だけ全集から削られていて、東電の差し金だったという噂をネットで見たけど、「蟻の惑星」が公募に落ちたのも、きっと東電が悪いにちがいない。

反原発派のひとはぜひ電子書籍で読んで見てね(はあと
全体の9割を無料で試し読みできます。

蟻の惑星
http://p.booklog.jp/book/17502

以上、朝野書店の販促宣伝でした。




時事/ブログ観察 | 【2011-07-24(Sun) 12:43:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
【コミPo!】週末劇団presents新・現代用語の基礎知識:文学少女
文学少女

週末劇団



朝野書店 | 【2011-07-16(Sat) 12:51:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
北区つかこうへい劇団「蒲田行進曲」
約束どおり見てきましたよ。

13:00開演のやつ、5分ぐらい遅刻したら5分くらい遅く始まった。席を探してひとりだけうろうろしてたのでそれを待っていてくれたんならごめんなさい、もうしわけありませんでした。

いやあ、紅一点の女優さんが美人でびっくりした。どんなにかわいいひとでもどっちかに顔が曲がってたり目の大きさがちがったりするものですが、完全に左右対称で眉も鼻も顔の輪郭も彫刻のように歪みがない上に上背があって、明るい舞台に立っているところを少し離れて客席から見るととても美しく見えました。

感想は400字詰め原稿用紙換算10枚くらいすでに書いたけど全然終わらない。これからシネマハスラー聞くので感想のアップはあしたかそれ以降になります。

(追記)
感想
http://p.booklog.jp/book/29515
アクセス
http://www.youtube.com/watch?v=ibLDK7shOdk

演芸/演劇/ライブ | 【2011-07-02(Sat) 21:56:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル