FC2ブログ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
北海道に就いての印象

北海道に就いての印象北海道に就いての印象
(2012/10/07)
有島 武郎

商品詳細を見る


たいていアルコールは冷やしたほうがうまい。極寒のロシアに大酒飲みが多い所以だ。赤ワインを常温で飲むなんざだれが言い出したことだろうかねえ。

酢豆腐って落語があってね。粋がりの江戸っ子に腐りかけの豆腐を食わすんだが、この江戸っ子が意地を張って、腐りかけの豆腐が粋だと屁理屈をこねるんだがね。同じく冷蔵庫のない時代のパリジャンが常温のワインを粋だと決めつけたのが所以ではなかろうか。

さてなんの話だっけ? そうそう、youtubeで酢豆腐で検索して聞いてみたら古今亭志ん朝 - 酢豆腐いやあ素晴らしいですね。東京以前の江戸弁のかっこ良さ。しびれるね。ワインが常温なんて酢豆腐ですよ。冷やして飲みたきゃお飲みなさい、だれに臆することも無いですよ。

あとね、酒を一人で飲むのはさびしいとかの俗論ね。これも直ちに論破しますよ。そもそも朝野は仏教徒だからね。大勢でおおっぴらに酒を飲むなんざ明らかに破戒です。そんなこと許されるわけがない。我慢して我慢して、それでも魔が差して、つい一人でこっそり飲んでしまう。飲んで飲んで酔いつぶれて翌朝二日酔いで目覚めて、悪人正機、懺悔することの繰り返しですよ。

だからなんの話かというとね、酒、ダメ。ゼッタイ。

日本政府に申し出があります、禁酒したいので酒よりも害の少ないと言われる大麻を解禁してください。

さてなんの話だっけ? え、有島武郎?? 東京出身だろ。赤ワインを冷やさずに飲むんだろ。と思いきや、長年北海道で暮らしたという。北海道いいやね。道産子娘は冷やさず人肌温度であっため合いたいもんだね。でもむかしむかし北海道出身の女の子にそう言ったら、道産子は馬のことだと叱られましたけどね。

さてなんの話だっけ?


スポンサーサイト
純文学・随筆/その他 | 【2012-11-28(Wed) 23:09:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
電気風呂の怪死事件

電気風呂の怪死事件電気風呂の怪死事件
(2012/09/27)
海野 十三

商品詳細を見る


アッハッハ!
バカ小説だね。
冒頭は怪奇で結末はエロ。
間にある探偵役の刑事が推理しない。
一番怪しそうな容疑者を捕まえたらそいつが犯人だった!

こういうのはやったもん勝ちだよなー。昭和初期の日本。西洋の最新事情にアンテナはって、それでなに書いたって新鮮だよね。冒頭は怪奇で結末はエロなのは、そこが肝心だと作者が思ったからなんだろう。それが時代を下りまくって青空文庫に再録されて21世紀のインターネットに名を残す。幸せな作家人生じゃないか。実際、新しい海外文学をどんどん吸収しつつ楽しく書いていた様子が伝わってくるようで、読んでて爽快だった。こういうものを礎として日本のエンタメが花開いていったんだから、ゆめゆめおろそかにするなかれ。

お薦め!


ミステリ/エンタメ | 【2012-11-25(Sun) 22:42:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
小説の戯曲化

小説の戯曲化小説の戯曲化
(2012/09/13)
芥川 竜之介

商品詳細を見る


芥川龍之介って、否定の否定の否定みたいな同じ所をぐるぐる逡巡して結局何が言いたいのかわかんない文章書くやつだな。わからんほうがバカだと言われれば、なるほどバカかもしれん。が、若いころは無批判に読んでいたけども、よくよく考えるとあまり好きな作家じゃないかもしれない。

芥川がくしてるようなくさしてないような、くさしてないふりをしているような、そんな勘ぐりをするほうがゲスなんだという言い訳までちゃんと織り込んであるような、どうにも頭が良いにちがいないが、でもやっぱおまえこいつきらいはきらいなんだろと勘ぐってしまいそうな、そんな気がする菊池寛を、そのうち読んでみようと思った。



純文学・随筆/その他 | 【2012-11-25(Sun) 03:32:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
臨時列車の消失

臨時急行列車の紛失臨時急行列車の紛失
(2012/09/13)
Arthur Conan Doyle

商品詳細を見る


大悪党の告白の体裁をとって描く小気味良い短編スリラー。こういうのがちゃんと古典としてあるって幸せだなあ。昔は本を読むこと自体が大変なことだった。平安時代とか、源氏物語の巻物をロウソクの明かりでわくわくして読んでいた、あのころのあの感じを忘れちゃいけないね。それだって当時は貴族の子女だけに許されていたことなんだ。そう考えると、今このとき、人類は読書について最高の到達点に立っているのだ。すごいなあ。

だって大悪党のイメージってね。やっぱそれが古典だからだね。それを下敷きにして楽しんでるんだね。海賊だってね。ワンピースの第一巻を読んで、あまりにお伽話ふうなのでちょっとついていけないかなと思っておじさんは読んでませんけどね。それにしたって今の小学生が海賊に抱くイメージというものは、そういう海賊奇譚の積み重ねがあってのことだからね。そういう歴史のね。

海賊だの怪盗だの忍者だの侍だのね。

いい時代だなあ。そう思わなきゃ罰当たるよね。

さあ、共にどんどん読んでいこうではないか、諸君!


ミステリ/エンタメ | 【2012-11-25(Sun) 03:06:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
赤熱の夢魔, 蟻の惑星 online

赤熱の夢魔赤熱の夢魔
(2012/11/17)
朝野十字

商品詳細を見る



蟻の惑星蟻の惑星
(2012/11/17)
朝野十字

商品詳細を見る


fc2小説 蟻の惑星の感想
fc2小説 赤熱の夢魔の感想
fc2小説 赤熱の夢魔の感想2


朝野書店 | 【2012-11-23(Fri) 09:37:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
石破氏1位、党員票で圧倒=安倍氏と決選投票-自民総裁選[2012/09/26-14:04](jiji.com)
石破氏1位、党員票で圧倒=安倍氏と決選投票-自民総裁選[2012/09/26-14:04](jiji.com)
 自民党総裁選は26日午後、党本部で所属国会議員が投票、直ちに開票され、党員票と併せて結果が発表された。石破茂前政調会長(55)が199票を獲得して1位となったが、過半数(249票)には届かなかった。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201209/2012092600189


銀毛鮭の読みがな、知ってますか? ググってみたんだけどあんまりヒットしない感じでめんどくさくなったままにしてあるんですけどね。グールグルにあらずば実在にあらず。グーグル世にはばかる。はばかるっていうと、「憚りながら」みたいな連想で、なんか遠慮してるのかなと思いますけどね。実は「憚る」の本来の意味は「幅をきかせる、のさばる」だったという真実!

びっくりしますね。こんなよく知ってるはずの言葉で意味が逆転するのでは、ユダヤ人が世界を支配していると言われても即座に一笑に付すことができないような気がしてきますね。イスラエルの現状を見れば世界のユダヤ教徒がそれほどは世界を征服してないことは明らかなような気もしますけどね。

というわけでオチに使わずに先にお答えしますと、銀毛は「ギンゲ」と読むらしいですけどね。

野田首相が解散したのは驚きました。シンプルに考えて、政権中枢には選挙予想のためのデータが集中しているから、首相が解散を急いだからには、勝算ありと思いますね。首相が馬鹿すぎて負け戦をあえてやるという見方は穿ち過ぎだと思います。意外とシンプルに考えたほうが当たるんです。以前鳩山首相の本心は普天間県外移設だとブログに書きましたが、結果としては大局当たってました。

だっておかしいじゃないですか。早期解散を考えていたんならもっと前に言っても良かったじゃないですか。自民党総裁選の結果分析が終わった直後の解散宣言だから、理由はそれだと思います。

一方、自民党は党員投票で圧倒1位の石破氏を捨てて安倍新総裁。党員投票が次の選挙を占う一番の指標でしょうに、だから自民党の議員たち、選挙は遠いと思ってたんでしょうな。ところが官邸の分析では安倍氏相手なら勝てるというデータが揃ったのでしょう。

というわけで、本ブログでは、次回衆院選挙の結果は民主党が比較第一党と予想します。




時事/ブログ観察 | 【2012-11-22(Thu) 22:26:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
見えざる人

見えざる人見えざる人
(2012/10/04)
ギルバート・キース チェスタートン

商品詳細を見る


有名な古典だそうだが、そうとは知らずに読んで、ラストはずっこけた。でも古典と言われれば確かに古典なんだろうなあ。必読の古典だね。

私が面白いと思ったのはいつもの通りプロットなんだけど、登場人物の造形がすべてラストのトリックに奉仕し従属してるんだね。つまりキャラから入る小説の書き方と真逆の書き方をしなければならない。だからミステリ作家って、職人的なイメージがして、ミステリを書かない作家は書かないんだね。書き方のストラテジーが真逆だから。

しかしてそこに気づけば書けるわけである。

以下ラストから順にネタバレしていくので注意されたいが――。

よろしいですか?

何人もの人間が見張っていた部屋で殺人が起こって、犯人も死体も消えてなくなったが、だれもが犯人の出入りを見なかったと証言した。

実は犯人は郵便配達員の格好をしていたので、だれも彼を犯人と思わずその出入りを見逃してしまっていたのだった。犯人は郵便鞄に被害者の遺体を入れて運びだした。だから犯人は郵便配達員の格好をしても不自然でない背格好の男でなければならず、被害者は郵便鞄に入るほどに子供のように小柄でなければならない。

以上の結末が決まったあとで、普通の背丈の男が、子供もしくは子供くらいに小柄な男を殺す動機を考える。男同士となれば、二人は恋敵だったと思いつく。同じ一人の女性に恋した。だが、どうやってそんな設定が可能になるのか。次にそこを考えればよいと決まる。

犯人はひどい醜男で、被害者は子供のように小柄だった。しかもふたりとも貧乏。女性は二人からプロポーズされるが断る。ところが小柄な被害者は頭が良かった。いろいろな発明をして大金持ちになって、再び女性にプロポーズしようとするが、醜男は嫉妬から、プロポーズしたら殺すと脅す。

冒頭は、その女性がまったく別の卑しからぬ資産家の男からプロポーズされるところから始めよう。女性は、過去に二人の男からプロポーズされた話を男に聞かせる。そして今も醜男に付きまとわれている気がすると話す。やがて小柄な男のほうが女に会いにくるが、その直後に自宅で殺害される。

読者は一体なんの話だろうと興味を持って読み進めるが、なんとなれば、作者の自然な連想を逆回しで見ているために、イメージの自然な連なりがまったくないままラストまで読み進め、意外の感に打たれるわけである。これぞすべからく後ろから考えるミステリがミステリとして屹立すべき理由である。そして読者はみなこのような結末の読めない作品を生んだ作者を賞賛するが、なに、作者は連想の自然な連なりのままに話を作っていて、ただそれを作り終えたあとに逆回しにするというのが、この手品のタネである。




ミステリ/エンタメ | 【2012-11-21(Wed) 21:56:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
植物知識

植物知識植物知識
(2012/09/13)
牧野 富太郎

商品詳細を見る


 牧野富太郎は日本植物学の父だそうである。この著作はしかし、一般向けの平易な薀蓄に終始しており大変読みやすい。けれども吾輩がまず興を感じたのはたとえば本文中の次のような言い回しであり言葉遣いである。
人間は生きている間が花である。わずかな短かい浮世である。その間に大いに勉強して身を修め、徳を積み、智を磨き、人のために尽くし、国のために務め、ないしはまた自分のために楽しみ、善人として一生を幸福に送ることは人間として大いに意義がある。酔生夢死するほど馬鹿なものはない。この世に生まれ来るのはただ一度きりであることを思えば、この生きている間をうかうかと無為に過ごしてはもったいなく、実に神に対しても申し訳がないではないか。

 吾輩は一等最初に夏目漱石を思い出したが、その実は明治期に教育を受けた男子が好む言い回しであり言葉遣いに過ぎぬのであり、それをまた漱石も多用しただけのところを、漱石ぐらいしか読まずにすましてきたためにこれをもって漱石の文体だと迂闊にもかんちがいしていたのであろう。
 誠どのような文章であれ読むこと自体が知識になり喜びになる。ただし留保すべきことがひとつあり、というのもこの植物知識に挙げられている花や実が人の愛でる花や食用になる甘い果実のみであるのと同じに、すべての文章と前提しながらその実体は真善美を求むる文章のみに限定されておるからである。
 無論人が詩を読み歌を謳うのはただ芸術的感興のみに基づき、実用の文章を書くのは真実を他人に伝えんがためだけであるから、それら文章を読むことにおいて美しい花や甘い果実に同等する価値を見出さぬわけがないと尋常な人間なら誰しもそう思うであろう。ところがこの世には尋常ならざる者が文章を書くこともありうるから油断ならん。
 卑近な例を挙げるならばキンドル版「小説の基本構成」についた最初のレビューがそれである。本を買ってもおらん、読んでもおらん、内容も判断せん。が、言い回しのここが気に入らない、言葉遣いのあそこが理解できんと赤子の夜泣きのような無内容な文章が綴られておる。いったい気に入らんなら黙って遠ざけておけばよいものを、他人の尻にへばりついて、今こいつが屁をひった、いくつ屁をひった、何番目の屁がとりわけ臭かったと言い立てる輩がなぜか存在する。そのようなことに時間を費やして人生を無駄にするなぞなんともったいないことだろうと思う。そんな暇があれば自分を省み、自分の好きなことに時間を使うほうがなんぼか本人にとって幸福であろう。ところが自分の好きなことをするかわりに他人の屁の匂いを嗅いで、さっきは臭かった、今度のはさらに臭かった、とレビューすることに血道を上げる連中がいるのは摩訶不思議という他ない。
 デカルトは、人間の定義について、我思う故に我ありと、三児でもわかるようなことを述べて歴史になったが、それを言い換えれば、思わざるものは人間にあらず、すなわち人でなしと呼んでよかろう。自分の思うところを思うために時間を使わず、他人の屁の数を数える連中は人でなしである。ブログで宣伝した直後に書き込まれたようだが、売れたと知って脊髄反射で書き込んでしまったのであろう。
 いやはや、「小説の基本構成」が売れたのは淡々とした事実であり、これからも売れるだろうからそう言ったまでであり、それが気に入らん、それで傷ついた、くやしくて夜も寝むられん、せめてレビューに悪口を書き込むくらいはせんと気が済まんと言うことなら、そのように感じたご当人の心性のほうが曲がっており腐っており汚れておるのである。そのような文章を書いてネットにアップすることは、己の心は曲がっております、腐っております、汚れております、と万人向けに証言するに等しい。そしてそのような文章を読めば、大方のまともな読者は、なるほどこの文章を書いた者は、心が曲がっておる、腐っておる、汚れておるなあと思うのみである。
 ちょうど甘い果実と苦いだけの雑草の実とが、同じ植物の原理から作られながら、その結果においてまったく別物であるが如く、人々の役に立とうとして書かれた実用の文章や、楽しませようとして書かれた小説と、自らの下劣さを暴露するだけの文章は、まったく別物である。


評論/ノンフィクション | 【2012-11-19(Mon) 23:34:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Kindleストア > Kindle本 > 文学・評論 > 評論・文学研究 >6位 !!
20121114



さあ、買った買った! 読みたいときがお買い得のとき!!
にしてもなぜ評論・文学研究にフィクション本が…?


小説の基本構成小説の基本構成
(2012/11/02)
朝野十字

商品詳細を見る



朝野書店 | 【2012-11-14(Wed) 21:08:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
空家の冒険

空家の冒険空家の冒険
(2012/10/04)
アーサー・コナン ドイル

商品詳細を見る


久しぶりに青空文庫を覗いたら、ホームズの短編がどっと増えていた。
すばらしい!

青空文庫には来年、吉川英治が来るよね。江戸川乱歩ももうすぐ。
すばらしい×2!

時代は青空文庫だね!!

さて、本作は、シャーロック・ホームズの帰還が底本ということで、死んだと思われていたホームズがワトソンの前に姿を表すところから始まる。ホームズ・リターンズがメインなので、事件や推理の方は、それほど深くない。でも、やっぱ読んどかないとね。こういうのは、ほんと、朝のコーヒーと同じでね。毎朝飲みたい同じ味と香りのコーヒー。全然飽きないね。それと同じですよホームズの短編は。いくらあっても困らない。

お薦め!


ミステリ/エンタメ | 【2012-11-14(Wed) 20:57:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
闇の扉が開くとき online

闇の扉が開くとき闇の扉が開くとき
(2012/11/10)
朝野十字

商品詳細を見る


「花の卵」改題。
やはり「花の卵」では売れんわな。
テーマカラーをそのままタイトルにすればいいってもんじゃないってことだね。
これ、好きなんだけど、個人的に。
サクサクスラスラ読めるし。
貴志祐介先生に読んでほしい。

fc2感想



朝野書店 | 【2012-11-14(Wed) 20:46:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
盗まれた手紙

盗まれた手紙盗まれた手紙
(2012/09/13)
エドガー・アラン ポー

商品詳細を見る


探偵小説って歴史のしょっぱなから衒学的だったんですね。このね。一定の長さを持つこと自体に構成上の意味がある分節をね。「段取り分節」と命名しました。もう何年も前のことですけどね。どっかで説明していたはずだが――ああここか。
http://p.booklog.jp/book/27518/chapter/67186

盗まれた手紙を先に取り戻しておいて、その取り戻した方法を説明するまでの間に衒学的文章が長々と入ってる。その物量、それを読む時間自体が、結末の意外性を引き立てる技法であるということなんですね。




ミステリ/エンタメ | 【2012-11-10(Sat) 22:14:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
猫の事務所

猫の事務所猫の事務所
(2012/09/27)
宮沢 賢治

商品詳細を見る


宮沢賢治ってあの共産党の書記長のね。それは宮本顕治。

小学生のとき教科書に載ってるのを授業で読んだくらいしかないなあ。なんでも象が「ぐららあがあ」と鳴く話だった。

これはなんかタイトルがおもしろかったので気軽にダウンロード。日本文化の守護者アマゾン万歳。

猫かあ。民家の軒下なんぞでゴロゴロしてるのを通りすがりに見るとかわいいだけだけど、擬人化されると急に不気味になるね。井上ひさしの百年戦争〈上〉 (講談社文庫) 百年戦争〈下〉 (講談社文庫)のあらすじはあらかた忘れたが、ひょんなことから主人公が猫に変身してしまい、近所の猫たちに挨拶に行くシーンは不気味だった。自分が猫になってしまって猫の社会に公園デビューすると、なかなかに緊張してしまうし、ボス猫あたりに睨まれるととっても怖いだろうねえ。なにしろ人間の常識が一切通用しないからね。ところがそもそも人間の常識ってなんなの、むしろそっちへの疑惑も高まってくるあの感じを活写していたね。

だから猫を主人公にすることのパワーね。この作品を読んで、そういうものを痛感しました。

宮沢賢治ってヘンだよね。すごいヘン。なんかこうメルヘンチックの真反対な感じの、いや、そういうメルヘンチックについてのおれのメルヘンな認識こそがまちがっているのだろうか。メルヘンは怖い。メンヘルと紙一重である。そんなことを考えさせられた問題作であった。

筒井康隆の乗越駅の刑罰(将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4))をふと思い出した。




純文学・随筆/その他 | 【2012-11-10(Sat) 04:09:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
kindle direct publishing キンドル個人出版を試してみる
カンタン! ちょー簡単なので「アマゾンで個人出版する方法」で検索してもあんまり具体的なのがヒットしないと思います。そこでどこまでも親切設計UX最重視の朝野十字が、100%無料でKDPする方法をおせっかいなぐらい事細かにご説明いたします!

  1. http://development.fusenetwork.co.jp/ FUSEe Betaをダウンロードする
  2. 表示画像を作る
  3. アマゾンのアカウントを取得する
  4. amazon kdp ページでサインイン

以上ですね~~。

まだもう少し説明必要ですかぁ?

FUSEeは無料ePub作成ソフトですね。KDPは、ワード原稿も受け付けてるそうなので、ワード持ってりゃそれで済む話ですね。でもやはりePubで作ってみたいこだわり派にお薦め。

  1. [ファイル]⇒[環境設定]⇒[テンプレート]⇒[OnDeckテンプレート]を選択
  2. [ファイル]⇒[新規作成]
  3. [ツリービュー]の横の[書類のアイコン+]をクリックするとページ追加。ページを右クリック[削除]で削除
  4. nav.xhtmlはデフォルトで目次ファイル。目次ファイルは自動生成で削除できない。自動生成の仕方は[ファイル]⇒[環境設定]⇒[カバー・目次]で設定変更可
  5. 縦書の場合は、名前をつけて保存時または[ファイル]⇒[書き出し]⇒[ePubに書き出し]クリック後、保存オプション[ページ送り]⇒[右から左]を選択する
  6. 目次はデフォルトで横書きなので、縦書cssを目次ファイルのcssにコピペ


ol,blockquoteなどの中にpを入れ子で使うだけで、アップロード時変換に失敗してエラーになるようです。小説だと、h1,h2,pくらいしか使わないから問題ないですね。

あと表紙画像はねー。こことかいいかも。これから自分も使うかも。
商用・非商用を問わず完全フリーで使えるハイクオリティな画像検索サイト
アマゾンの表紙画像の表示は、アイコンのように小さいから、あんまり細かいことしないで、一瞬でわかるのがいいんじゃないかなーと自分は今思ってるので、タイトルを極大化して作者名も書かないみたいな感じで試してます。



時事/ブログ観察 | 【2012-11-10(Sat) 03:31:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
奇巌城 アルセーヌ・ルパン

奇巌城 アルセーヌ・ルパン奇巌城 アルセーヌ・ルパン
(2012/09/13)
モーリス ルブラン

商品詳細を見る


小学校のころ、子供向けのシリーズで読んだきりのアルセーヌ・ルパン。なんとなく無関係に思い出すのが、カトリーヌの冒険。読んだのは小学校に上がる前だったと思う。でもググってみると記憶違いで、「カロリーヌとおともだち」らしい。


カロリーヌキャンプにいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)カロリーヌキャンプにいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)
(1998/12)
ピエール プロブスト

商品詳細を見る


ええっと、この新版の絵には記憶がないな。俺が読んだのはたぶんこっちだな。


カロリーヌとおともだち (オールカラー版世界の童話 12)

両親が惜しみなく本を買ってくれた上に、年上のイトコが大勢いて、順に本を譲ってくれたので、子供のころ、まわりに本が溢れていた。幸せだったなあ。お父さん、お母さん、ありがとう。

そんなわけで、大画面のスマホにアンドロイド用kindleアプリを入れて、青空文庫を検索してみた。いや、青空文庫はもちろん知っていたが、どうにもパソコンで本を読むのが嫌だし、青空文庫をepubに変換してキノッピーで読むとか、あるいは青空文庫を読むアプリをスマホに入れてみたりもしたんだが、そのひと手間ふた手間が巨大な障壁になっていた。

やっぱアマゾンはどこかとはちがって抜かりないね。問題はハードではなくソフト、読書体験なのだ。1クリック、アンドロイド用kindleアプリで読む青空文庫は至極快適だ。

お薦め5つ星!

そうそう、小説自体の感想を書かないとね。底本が「小學生全集第四十五巻 少年探偵譚」とあるので、子供向けに翻案されてるのかなあ。それは確認してないけど、これは胡椒を利かせるが如く暗号だの謎の洞窟だのが出てくるが、ミステリじゃなくてスリラーだね。しかしてこのような古典的スリラーを礎とし哲学として今のミステリー・サスペンスの隆盛があることを、私たちは思い出すべきだと思う。

お薦め!




ミステリ/エンタメ | 【2012-11-07(Wed) 23:40:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
小説の基本構成及び実作例 online

小説の基本構成小説の基本構成
(2012/11/02)
朝野十字

商品詳細を見る

ロスチャイルドのバイオリンは主人公ヤーコフの心理変化が印象深い短編ですが、それが変化を感じる原因ではありません。フィクション中の登場人物は実在せず、実在しないものに心理はなく、ないものは変化しません。3D映画が3Dそのものを見せることなく3D技術によって観客に3Dという感じを与えるのと同じく、フィクションであり文字の連なりのみによって成っている小説が、主人公ヤーコフの心理変化を知識でなく感覚として読者に与えるのは、そのような「感じ」を読者の心のうちに生じせしめる技法によっています。(本文より)
小説を技法面から徹底的に分析し、その科学的成果を足場としてストーリー発想法を論理的に解明。巷に溢れる類書の迷妄を一刀両断する小説の書き方本の決定版。


雪男の殺人雪男の殺人
(2012/11/03)
朝野十字

商品詳細を見る

洗井新之助は探偵事務所でバイトする大学生。サークル仲間と共に、辺鄙な雪山の麓のペンションにやってきた。このあたりには雪男伝説があった。その夜殺人事件が発生。雪男が犯人でないならば、何者がこのような不可能犯罪をやり遂げられるだろうか――?


首なし少女の謎首なし少女の謎
(2012/11/03)
朝野十字

商品詳細を見る

女子大生が夏休みに気軽に引き受けたモデルのバイト。だが撮影場所に選ばれた田舎の古い民家で怪奇な殺人事件が起こった。現場に一度も立ち入ることのないまま、洗井新之助が推理した真犯人と事件の真相は?





「小説の基本構成」で分析した「まだらの紐を巡る冒険」のメソッドに従って書いたのが、「雪男の殺人」、「首なし少女の謎」です。

まとめて買えば、理論と実践の一挙両得ってことなんですね。



朝野書店 | 【2012-11-05(Mon) 21:23:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
マーシャのマンドリン online

マーシャのマンドリンマーシャのマンドリン
(2012/10/27)
朝野十字

商品詳細を見る

内容紹介
マーシャは幼馴染のヤーゴを春風のように当たりまえに感じていた。いつまでも自分のそばにいてくれると勝手に思っていた。けれどもヤーゴにはマーシャの知らない計画があった……

・拙著「小説の基本構成」の中で提唱している構成法であるシンプルストーリーの例として、6つに章分けしてあります。

朝野書店 | 【2012-11-02(Fri) 19:29:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。