FC2ブログ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ全記事表示
ブログランキング
ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2012/07/01)
伊坂幸太郎

商品詳細を見る


平成19年っていつでしたっけ。いちいち和暦変換で検索するのがめんどくさい。元号は非効率なので官公庁は西暦か、西暦がだめなら皇紀を使うべきだとだれかが言ってましたが全面的に賛成です。安倍さん皇紀にしてください。

安倍首相と言えば、第一期のときに松岡農相が自殺しました。ほんと自殺なんですかねえ。到底信じられないが、後追い記事も出ないまま十年近くが経ちました。

おかしいよね。

本書が出版されたのは皇紀2667年。ちなみに西暦では2007年です。ちょうど第一次安倍内閣のころだね。やっぱそういう時代の雰囲気ってのが絶対ありますよ。あとがきにはケネディ暗殺を下敷きにしたフィクションだってわざわざ書いてありますけどね。当然現代日本の風潮が影響を与えてないわけがない。

構成を見ると、冒頭でいきなり二十年後から振り返った事件の様相が描かれるんだが、関係者が次々怪死して犯人も不明であるという。プロットの死というやつですね。少し説明すると、通常はプロットの展開によって読者の関心を引きつけるわけなんだし、それが常套の技法なんだが、先に結末を言っちゃうと、プロットの展開が無効になってしまう。つまりネタバレってことなんですけどね。だからそれをあえて使うというのは、そういう高度な――いや、高度と言っちゃうとまた語弊があると思うんだけどね。それぞれの技法があるだけで別に高低はない。ないけれども初心者が使うのは難しい。作家側から見て難易度の高い技法だね。

その上、本編に入ると時間軸がぐちゃぐちゃに錯綜している。時間軸を一本にするのも基本的な技法で、時間軸にそって順にモチーフを並べていくことでモチーフ同士に因果関係(そのものではなくその)感じを醸し出し、もって一つの大きな物語を読者に体感せしめることが可能になるんだね。この基本技法もあっさり捨て去っている。

伊坂幸太郎は手練の工芸家のような緻密な作家ですな。

朝野は、首相謀殺と濡衣を着せられた孤独な主人公ってとこから、24 twenty four みたいなスリラーをなんとなく予想していたが、全く違っていた。アクションシーンはとっても少ない。センチメンタルな主人公の独白や友人の思い出や、見知らぬ人のちょっとした善意が繰り返し描かれていく。これはね。主人公が凡人だということがありますね。ジャック・バウアーと真逆。でも同じように巨悪と戦う。だから周りの人がちょっとずつ助けてあげなきゃすぐ死んじゃって話が終わっちゃうんだよね。だから主人公のキャラはリアリティあるんだけど全然知らない人にすごい助けてもらう奇跡がずっと起こり続けて、そこはとってもファンタジーなんだね。

シチューに例えると、アクション部分のお肉はちょっぴりで、野菜たっぷり。でもあったかいんだから~みたいな。

こんなに明らかにファンタジックなフィクションなのに、わざわざあとがきに、「この物語はあくまでも作り話です」なんて、いちいち書き込むか、常考。

これはね、どういうことかというとね、才能ある作家は時代の先を鋭く読むことができるんだね。だからもう十年後の今を見通して書いてあるわけですよ。本書の主人公がそうであるように、巨悪に足を掬われないように、あえてケネディの話ですよーとすっとぼけてるわけ。読めば現代日本の暗喩であることははっきりしてるのに。つまり本書のテーマは、「I'M NOT ABE」ですよ。まちがいない。

未読の人は今すぐ読め。すでに読んだ人は再読!


スポンサーサイト





ミステリ/エンタメ | 【2015-04-11(Sat) 08:57:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お薦めサイト

福岡ストーリー|無料で読みやすい小説・ライトノベル